7月のある日。
11月に取る長い休みの使い方を巡って、相方に提案をしました。
「台湾行きたい。」

勿論、何の脈絡もなく台湾に行こうとしたわけではありません。
WBSCプレミア12の台湾ラウンドが、丁度休みを取ろうとした時期にガチ当たりだったのです。
当然ワタクシは中国語なんて話せませんから、三ヶ国語使いの相方を通訳として連れて行きたかったのです。

この提案に相方は
「嫌〜っ。休暇中まで中国語の通訳やりたくない。仕事じゃないし!」とつれない返事。

しかし、この選抜大会の出場国一覧を見て、相方を説得する殺し文句がありました。
「でもな、これ国際試合だから、
IMG_4718
イタリア代表にマエストリ来るで、きっと。」

すると相方、
「え!? マエさまが投げるの? じゃあ行く!
と手のひらクルー。

ワタクシは当然のことながら「日本代表の試合も行くで」と告げますが、次に飛び出した一言に唖然。

「え〜!? 侍ジャパンの試合は行かなくていいよ〜。イタリア戦だけ見て帰ろう?」

思わず「アホか!」と怒鳴り飛ばしてしまいましたが(苦笑)、「イタリア戦を観る代わりに日本戦も観る」というなんだかよく判らない交換条件で、侍の試合観戦もちゃんと確保されたのでした。

これで一安心と思ったら、8月終わりに事件が起きます。
当のマエストリが右親指の裂傷で登録を抹消されたのです。
発生当時、全治1ヶ月とも2ヶ月とも言われた怪我。一部で「今季中の復帰は難しい」との報道もありました。

となると、プレミア12も辞退…?
ということで、また相方がとんでもないことをぬかしやがります。
「マエさまが出ないなら台湾行かない!ひとりで行ってきて!!!」

「アホ言うなや!単独で台湾に乗り込むほどの度胸も語学力もないわい!!」とワタクシも応戦し、台湾行きは完全に暗礁に乗り上げてしまいました。

しかし、それから3週間後。
所沢の猫屋敷のマウンドにはマエストリの姿が。
意外にも早い復帰で一安心し、台湾行きの話も無事復活♪
あとはチケットを確保するのみとなりました・・・が、ここも一筋縄ではいきませんでした。


続きを読む