野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

WBSCプレミア12

期待に反して(11/11 MEX-TPE)

EOS_8162
11月11日 ZOZOマリンスタジアム 2,803人
WBSCプレミア12スーパーラウンド GAME19
TPE|000 000 000=0
MEX|000 011 00X=2
【勝】Reyes  1勝 0敗 0S
【S】Bustamante 
 0勝 0敗 1S
【敗】江少慶  1勝 1敗 0S
◆本塁打
MEX:Solis2号ソロ(5回/江少慶)
長いことこのブログを読んでくださっている方ならお気付きかと思いますが、ワタクシが中華職棒(CPBL)の沼に嵌るきっかけとなったのが、プレミア12。
4年に1度の開催で今回が2回目となるのですが、グループリーグの日台戦を観に台中まで行こうかな、なんて阿呆なことを画策したのも束の間。
チケットは発売開始1時間でSOLD OUTするという大盛況ぶりであっさり断念せざるを得ませんでした。

こうなったら「TEAM TAIWAN」が日本にやってくるのを願うしかないと思い、グループリーグ突破をひたすら祈っていたところ、願掛けの効果の程はさておき見事にグループリーグ2位通過を決めました。

満を持して内野のチケットを手配し、中華隊専属チア「CT-Girls」も含めた啦啦隊(応援団)御一行様の来日を心待ちにしていたのですが…

EOS_8135
外野!?

もちろん、CT-Girlsの姿はありません。
それどころか、CPBLの4球隊の啦啦隊長の姿も見当たらず。

…うーん、完全に目論見が外れました(苦笑)

因みに台湾からやってきた人々も大半が内野に陣取っていましたので、応援席の位置ぐらいはアナウンスしてもらった方が良かったと思います。(サイトの記載を見落としていただけかもしれませんので、あまり強くは言えんのですが…まさかNPBのレギュレーションでやるとは思いませんでした。)


ま、恨み節ばかりも言っておれんので…試合の話しましょうか。



続きを読む

そして私はここに来た〔下〕(11/15 KOR-USA)

IMG_2111
11月15日 台北市天母棒球場 2,000人
WBSCプレミア12 グループリーグB GAME27
USA|000 020 000 1=3
KOR|000 002 000 0=2
(※10回よりタイブレーク制)
【勝】Simmons 1勝 1敗 0S
【敗】禹 奎   0勝 1敗 0S

台北駅(台北車站)からMRT2号線で約12分。故宮博物院最寄りの士林駅の隣駅である芝山駅が、天母棒球場の最寄駅。
そこからバスが出てると聞いていましたが、乗り場が判らず右往左往。
こういう時は大概「同族」の後を付いていけば何とかなる!というのが鉄板。
そこで、SKワイバーンズのユニを着たお兄さんたちの後に付いて行くことにしたのですが、なんと彼らはタクシーを拾うではありませんか。

…完全に当てが外れました(^◇^;)

待てど暮らせどそれっぽいバスは来ず。
仕方がないので我々もタクシーを使うことに。
途中、渋滞にはまったものの所要時間は約10分でNTD160(≒600円)。

ということで
IMG_2106
着きました。

IMG_2107
NTD300(≒1,125円)の自由席券を求め、スタンドへ。
続きを読む

そして私はここに来た〔中〕〜食い倒れの予定が…〜

IMG_0718
ということで、小籠包の名店・「鼎泰豊」に入ります。

まず手始めにビールを頼みますが…
IMG_0708
なんと大瓶!
元々酒は呑める方ではないですが、日本式に中瓶が来るのを想像してたらえらいことになっちゃいましたw
(※メニューにはサイズの記載がないのです。)
とりあえず苦しくなったら混ぜ物(コーラを入れてビアカクテル…「ディーゼル」というそうですね)にしたらええか、ということにして喉を潤しつつ食事が来るのを待ちます。
IMG_0710
まず、看板メニューの小籠包(10個でNTD200≒約750円)が来ました。

IMG_0055IMG_0056
実は昨年、香港の鼎泰豊に行ってたのですが、そこで食べたのより明らかに味が違いました!(…何せ、香港では小籠包の写真撮ってませんでしたからね(笑))
IMG_0711IMG_0712
排骨麺にA菜(レタスの一種)炒め、
IMG_0715IMG_0716
蝦仁焼賣(エビと豚肉の焼売)に煎餃(蝦肉…エビと豚肉の焼き餃子)、
IMG_0717IMG_0713
蝦肉蒸餃(エビと豚肉の蒸し餃子)と、ひたすら食い倒します。
面白いもので、昨年香港で感じなかった感動がここにはありました。
日本語も十分に通じる(※メニューのみならず伝票も日本語表記あり)ので、言葉のストレスも感じにくいのではないでしょうかね。
二人でこれだけ食べてNTD1,375(≒5,168円)ですから決して安くはないですが、値段以上の感動はありましたね。
続きを読む

がんばる!ニッポン(11/14 USA-JPN)

IMG_1275
11月14日 桃園國際棒球場 10,437人
WBSCプレミア12 グループリーグB GAME22
JPN|000 104 500=10
USA|011 000 000= 2
【勝】 則 本 1勝 0敗 0S
【敗】 Simons 0勝 1敗 0S
◆本塁打
JPN:中田2号3ラン(6回/Eveland)、松田1号満塁(7回/Satterwhite)
USA:McBride1号ソロ(2回/菅野)


場内に入りましたらば、至る所で日本語が飛び交っております。
恰好を見ても、NPB12球団のユニフォームが一堂に会するオールスター状態。Bs関連では地球儀ユニや夏の陣2013(某大手スーパーのコーポレートカラー)ユニの方もいらっしゃいました。
意外にも、NPB球団のユニを着ているのは日本人だけでなく、現地の人も多数いらっしゃいまして。「YOH 1」のファイターズユニは言わずもがなですが、カープの方もおればタイガースの方もおり…。使われている言語を除けば、日本の球場かいな?という錯覚に捉われました。

IMG_1188
でも、ここはLamigo桃猿の本拠地。
IMG_1206-a
しっかりLamigoのグッズショップも営業しております。
そのショップに、
IMG_0798
チアの本が売っていたもんで、ネタとして買ってみました。
NTD380(≒1,428円)と、結構いいお値段だったんですが、レジに持って行きます。
小銭をごそごそ探していたら、レジのお姉さんが「300元(=NTD≒1,127円)でいいですよ」と。
意外なディスカウントにびっくりしましたが…もしかして1品限りのご奉仕品だったとか?w

因みに内容ですが…
IMG_0799IMG_0801
グラビア風味のLamigirls写真だけでなく、Lamigoのイケメン選手のインタビューなんかも載ってました。

IMG_1189-aIMG_1203
IMG_1207-aIMG_1211-a
飲食売店は日本式に近い感じですね。無類の行列嫌いなので(笑)並びはしませんでしたが、便當(弁当)も売ってました。
IMG_1209-a
けどどこかに屋台テイストもあります…オープンキッチンといった方が良いんでしょうか?

続きを読む

中華職棒を齧る夜(11/11 ITA-TPE)

IMG_0158
11月11日 台中洲際棒球場 8,517人
WBSCプレミア12 グループリーグA GAME12
TPE|201 100 201=7
ITA|000 010 000=1
【勝】郭俊麟 1勝 0敗 0S
【敗】Panerati 0勝 1敗 0S
◆本塁打
TPE:林智勝1号ソロ(3回/Panerati)、郭嚴文1号ソロ(9回/Pizziconi)
ITA:Sambucci1号ソロ(5回/郭俊麟)


チケットが売れていないのを良いことに、ネット裏最前列を購入するなんて暴挙に出てみたのですが、なかなかこれが曲者でした。

NPB球団のフランチャイズ球場と同じ感覚で考えるとなかなかイメージしにくいのですが、最前列席の前に広い通路が取られていたのです。(…あ、書いてて思い出しましたが、鎌スタがこの形でした。)
しかも、ほぼグラウンドレベルの高さであることが災いして?右前方にはテレビカメラが鎮座。左側にはスピードガンが設置されてたりと死角だらけ。
それに加えて
IMG_0430_1aIMG_0431_1
報道のカメラ大集合www
まあ、これは常時ではありませんでしたが、こんな諸々があってチケット料金がNTD1,800(≒6,840円)。

因みに、中華職棒の入場料が最高でNTD400(≒1,493円/台中洲際での中信兄弟ブラザーズ主催試合・土日祝日内野席価格)ですから…

ぼったくり過ぎやろ!!!

チケットが売れていない理由はこんなところにもあるのかもしれません。

続きを読む

宿願成就

そんなわけで、2度目の入場です。

ビジター扱いの中華隊が陣取る1塁側(※台湾ラウンドではホームチームが3塁側に陣取るレギュレーションになっているようです)はそこそこ人が集まってきていますが、3塁側は人がいる方が珍しい状態w
観客のほぼ全てが中華隊の応援に来ている中、頭のおかしい日本人2人は真っ先にレフトポール際に向かいます。もちろん、ユニフォームはBsのを着て(笑)

IMG_0089IMG_0079
試合前、投手陣が外野でアップするのは日本と同じ。
サインを入れて貰ったタオルとBW復刻の本人使用ユニ(※オークションで落札しました)を掲げていたら、
IMG_0083-a
手を振ってくれました!

よっしゃ〜!これで「無駄な努力」が報われた〜!! と思ったのも束の間。
ブルペン脇でこの様子を見ていたピッチングコーチが相方に英語で「あんた、マエストリのファンなのかい?」と聞いてきました。
相方が「はい、日本から来ましたー!」と答えたら、
「アップが終わったら呼んできてやるよ。」
関係者でも何でもないのに、なんなんですか、この扱い。
あまりにもユル過ぎるわwww

そんな予期せぬ提案に「いえ、無理です!緊張し過ぎて英語話せなくなります!!」と動揺しまくる相方。
「折角呼んでやるって言ったのに…?」と言わんばかりに首を傾げつつ、再びグラウンド方向に視線を戻します。

続きを読む

Intermission〜過剰なまでの情熱〜

「混雑しないうちに土産物買わないと!」ということで、試合終盤はコンコースを徘徊していた我々。
最後のシーンは3塁側スタンドの後方通路で観ていました。

目の前には偵察なのか勉強なのか判りませんが、イタリア代表の面々が観戦中。
その中に日本人らしき方も混じっていたもんで、もしかしたらマエストリも近くにいるのかな?と思って探してみましたが、姿は見当たらず。

すると、その日本人らしき方がこちらにチラチラと視線を送ってきます。
「何かしたかぁ〜?」と思っても心当たりがありません。

そしたらば…

続きを読む

真昼の決闘(11/11 NED-CUB)

IMG_9956
11月11日 台中洲際棒球場 674人
WBSCプレミア12 グループリーグA GAME8
CUB|010 004 010=6
NED|002 201 000=5
【勝】J.Garcia 1勝 0敗 0S
【敗】Sulbaran 0勝 1敗 0S
◆本塁打
CUB:Hernandez 1号2ラン(6回/Jurrjens)
NED:Zarraga 1号2ラン(4回/Montieth)


IMG_0337_2IMG_0345_1
朝から宿近くの台中公園を散策し、昼飯食ったり何やり(※この模様はまた改めて別項で)してたら、少々時間が空いてしまいまして。

観光地巡りをするには中途半端な時間だったので、少々早いですが球場に乗り込むことにしました。
一応下調べはしていたのですが、念のためホテル出発前にフロントのスタッフに確認したところ「58番か65番のバスに乗って」とのことだったので、バス停に向かい58番のバス(全航客運)に乗ります。

台湾のバスは、後部座席の段々の角度がかなり急なもんで、
IMG_0404
最後部席からの眺めはこんな感じ。ブレーキをかなり強めに踏む傾向があるので、結構安定しないんですよね(苦笑)

市街地から約30分。
IMG_0408
「台中洲際棒球場」という電光表示が現れたタイミングでボタンを押しますが、止まる気配はなく次のバス停の表示に変わってしまいまして…
どうやら運ちゃん、素で忘れてたみたいですw

結局詫びの一言もなく次のバス停で下ろされて、来た道を引き返します。
幸い、一本道だったので迷うことはなかったのですが、球場の姿は見えど入口が判らん!ということで敷地内で彷徨う羽目にf^_^;)

結局、半周したところで漸くチケット売場を見つけます。
が、「え〜、入るの〜? お金勿体ないじゃん!」と相方がグズり始めます。

試合をやってる球場を前にして待つなんてこと、ワタクシにはできません。
「とりあえずチケット代は出すから!」と、そのままチケット売場に強制連行。
ひとまず内野席のチケット(NTD300)を求めますが、窓口のお姉ちゃんが
「もう試合7回まで進んでますけど、本当に買うんですか?」
と心配そうに尋ねます。

もちろん買いますとも!
如何せん、これに関してはワタクシ前科ありですから(笑)

IMG_0706
ということで、中に入ります。

続きを読む

暗雲〜台湾2日目〜

10日朝、寝ぼけ眼でTwitterのタイムラインを追っかけていると、こんな記事が。

正直、選手の去就にはそれほど驚かないワタクシでさえ驚きましたもんで、マエストリ信者の相方のショックと言ったら…身贔屓は抜きにして本当に気の毒なくらいのレベルでした。

話を聞いて、即号泣。

「記事になったのはまだ一社だけだし」と慰めに言っては見たものの、火のない所に煙は立たぬわけですから。
正直、覆るのは難しい話なんでしょう。


ということで、この日の台北の天気と同様のどんよりとした状態で、台湾2日目は始まりました。

続きを読む

予期せぬパブリックビューイング

松山空港からMRT(台北捷運…台北地下鉄と意訳した方が解り易いでしょうか)を乗り継いで宿に向かい、チェックインを済ませて市内散策に出かけます。

まず、日本で予約していた諸々の引き取りをすることに。
肝心のプレミア12のチケットは、宿の近くの7-ELEVEnで受け取ります。
「ibon」という台湾7-ELEVEn独自のシステムを使いますが、使い方は日本のコンビニに置いてある「Loppi」や「Famiport」などと殆ど変わりませんので、そんなにまごつくことはありませんでした。
発券されたレシートを持ってレジに向かい、手数料を支払ってチケットを受け取るまでの流れも日本と同じ。
IMG_0295-a
ということで、無事受け取りました。

台中行きの乗車券も日本からネット予約しておりました。
今回は敢えて「台湾版新幹線」こと台湾高鐵(HSR)ではなく、台湾鐵路管理局(台鐵/TRA…敢えて日本風に言うなら「在来線」)を使うことにしておりまして、台北駅(台北車站)まで受け取りに行きます。

IMG_0239
駅、でかっ!

駅の規模だけを比較するならば、東京駅や大阪駅といった日本の代表駅の方が圧倒的に大きいのは確かなのですが、吹き抜けのその広々とした空間に圧倒されます。

肝心の手続きですが、自宅で出力したネット予約申込票をパスポートと一緒に駅の窓口で出すだけなので、
結構簡単に受け取れます。
IMG_0289-a
ひとまず、これで一安心。

特にあても決めないまま、駅前散策を開始します。
こういう時、言葉の壁がないのはありがたいです。(ま、所詮は他力本願なんですがw)
続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド