野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

Uni-Girls

球春(はる)がきた。

EOS_2587
約ひと月遅れで、やっと球春が到来しました。

勿論、日本の球界の話ではありません。
新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的大流行さえなければ、現地で観ていたはずの中華職棒です。

本来なら11日の土曜日に、前年チャンピオンのLamigo改め樂天桃猿と中信兄弟の試合(@桃園)で幕を開ける予定でしたが、惜しくも雨天中止。
翌12日は桃園で樂天桃猿と富邦悍將、台中洲際で中信兄弟と統一の試合が組まれていましたが、桃園が前日に引き続き雨天中止となったため、全世界レベルでの「プロ野球2020シーズン開幕戦」は、
IMG_4151
(※2019年6月撮影)
台中の試合となったのでした。


続きを読む

中華職棒啦啦隊考察〜峮峮だけじゃないですよ(笑)〜

オフシーズンに入って移植以外のネタも尽きたこともあり、ちょっと毛色の違う話を書いてみようと思います。

とうとう、中信兄弟啦啦隊・Passion Sistersの峮峮(qun qun≒チュンチュン)さんが
cover
(※画像は集英社週刊ヤングジャンプ公式HPより引用)
日本でグラビアデビューしてしまいました。しかも、ロケ地が船橋運動公園というので二度吹いてしまったのですがw

IMG_20191209_161126
実は、彼女の写真集もこっそり(?)台湾から通販で取り寄せていたのですが、日本ではポニーキャニオンが版元となって出版するようで、そのプロモーションを兼ねてのグラビア掲載だったようです。
因みにその写真集をワタクシの会社の同僚に貸したのですが、彼曰く「普通に踊っている方が可愛い」とのこと。

6月にも触れましたが、その火付け役となったYouTubeのうp主さんの動画には、連日連夜多くの日本人からのコメントが寄せられるという繁盛っぷり。
その影響で?、元々このブログへ引用するためだけにアップしたワタクシの動画にもいくつかコメントを頂いておりまして、この場を借りて御礼申し上げる次第なのですが、峮峮人気と共に陳子豪應援曲の中毒患者も増えているようで。既に2年前に中毒症状を発症していた身としては、ドヤ顔で歩いてみたくもなりましたが、そんなキャラでもないのでねぇ…ただこれで、台中洲際の応援席が取りにくくならないことを祈るばかりです(笑)

…そろそろ本題入りましょうかね。


続きを読む

はじめての台南市立棒球場〔後編〕(6/5 統一-Lamigo)〜暑さユルさでKnock out〜

IMG_0115
6月5日  台南市立棒球場 3,011人
前期14回戦(GAME102) 統一5勝9敗
Lamigo|400 001 120=8
統   一|000 000 000=0
【勝】尼克斯 6勝 3敗
【敗】瑞 安 3勝 1敗
◆本塁打
Lamigo: 林泓育10号ソロ(7回/江承峰)、陳晨威5号ソロ<※ランニングHR>(8回/黃竣彥)
チーム名の表記はおろか、メンバー欄もないスコアボード。
中華職棒の予備知識が全くないまま観てしまうと、誰が誰だかさっぱり解らんような状況に追い込まれます。(直接聞いてはいませんが、恐らく相方はそのクチだったかも。)

因みに統一の攻撃時は選手紹介の画と応援歌の歌詞がビジョンに出ますけど、この辺の環境は、正直他のフランチャイズ(桃園・新莊・台中洲際)と比べると激しく見劣りするのは否めませんね。


さて、肝心の試合ですが、初回から大荒れの展開。
EOS_6203
統一先発・瑞安(Ryan Verdugo)の立ち上がりを捉えたLamigo打線。

無死から
EOS_6231EOS_6233
藍寅倫のタイムリーで先制すると、一死の後
EOS_6251EOS_6255
陳俊秀のタイムリーでもう1点。
続く朱育賢のライト前ヒットで一死満塁としたところで、
EOS_6296
郭嚴文のセンターフライと思われた打球を
EOS_6302
レフトが深追いして撮れず、
EOS_6306
これがタイムリーとなってもう1点追加。
EOS_6329
EOS_6331EOS_6332
さらに林立の犠牲フライもあり、
EOS_6377
いきなりLamigoが4点を先制して試合の主導権を握ります。

続きを読む

懲りずに台湾〔11〕(9/14 統一-Lamigo〔後編〕)〜気軽に観られぬワンサイドゲーム〜

台湾の大半の球場では、ビジター応援団は外野に追いやられるのが常なのですが、高雄の場合は3塁側の内野がビジター応援席。
Lamigirlsがいないことと、トランペットと太鼓というジャパニーズスタイルの応援方式であることを除けば、桃園で観るのとあまり変わりはありません。
…でも、「球音」そっちのけでガンガン流しまくる応援曲とチアの存在が、中華職棒に於けるホーム応援の最大の魅力でありアドバンテージのように思いますので、「変わりない」というのはちょっと違いますかね(^_^;)



続きを読む

懲りずに台湾〔10〕(9/14 統一- Lamigo〔前編〕)〜アレルギー反応〜

EOS_7772
9月14日 高雄澄清湖棒球場 3,069人
下半季11回戦(GAME216) 統一7勝4敗 (※2018通季14勝18敗)
Lamigo|002 051 120=11
統  一|004 000 002=6
【勝】史博威  5勝 0敗 0S
【敗】安 狄  1勝 1敗 0S
◆本塁打
Lamigo:林立7号2ラン(3回/安狄)、林泓育5号満塁(5回/安狄)、郭嚴文10号2ラン(8回/傅于剛)
統一:郭阜林17号2ラン(3回/史博威)

EOS_7869EOS_7942
統一・安狄(Andy Van Hekken)とLamigo・史博威(Zeke Spruill)の両美國人(※中国語ではアメリカ=美國)の先発で始まります。

EOS_7895-a
なんか聞き覚えのある名前だと思ったら、2016年の前半だけ埼玉西武に在籍していたバンヘッケンですか。改めて調べてみましたが、この方も米韓日台と4ヶ国を渡り歩いてるんですね。
一方の史博威も、昨年のオフに一旦Lamigoを退団してMLBのレンジャーズとマイナー契約を交わしたものの、4月に再度Lamigoに戻ってきたという経緯の持ち主。
中華職棒は外国人の契約枠が3枠しかない故に、中途の入退団は日常茶飯事のようです。

続きを読む

懲りずに台湾〔9〕〜主なき球場で〜

小一時間の睡眠を経て…

17時過ぎにホテルを出発し、本日のメインイベントの開催地・澄清湖棒球場へ向かいます。

「駅から60番のバスに乗っても行けますが、時間が掛かりすぎる(約40分)のでお勧めしません」というフロントの姐さんの意見を参考に、今回もタクを使うことに致しました。



IMG_3539
時々、妙ちくりんなものに出くわしますね。多分、道頓堀発祥のあのラーメン屋さんとは全く関係ないと思いますw


多少の渋滞はあれど、所要30分で到着。

IMG_3546

センターの後方に位置するバス停で、帰りのバスの時刻を確認します。

IMG_3540IMG_3542
結構バスの本数は多そうですが…ちゃんと乗れるんでしょうか?



続きを読む

禁断症状発症〜偏屈者は三塁側へ〜(11/18 TPE-JPN)

IMG_7522
11月18日 東京ドーム 35,473人
アジアプロ野球チャンピオンシップ予選 GAME3
JPN|001 020 311=8
TPE|000 000 002=2
【勝】今 永
【敗】林政賢
◆本塁打
TPE:朱育賢ソロ(9回/平井)


元々は行く気なかったんですよ。
でも、前週の桃園の盛り上がりっぷりを見て、「あのスタンドの雰囲気をもう一度!」ってな気分になりましてね。
帰国後チケットサイトを確認してみると、幸いにして「チア応援シート」なる席がまだ残っていたもんで、速攻で押さえた次第でした。

あ、席はもちろん三塁側です(笑)


そして迎えた当日。
マリーンズとの「亞冠熱身賽」開催前に陣容は発表されていましたが、
IMG_7517
台湾からCPBLの各球団のチアの代表4名(4球団×各1名)と、「CPBL Baseball Girls」(中華隊専属チア)の代表4名、応援団長2名(中信兄弟と統一より)が乗り込んできました。
(因みにこのフォーメーションは、12日の対マリーンズ3戦目で初お披露目となったようでした。)

IMG_7854IMG_7702
まー、相も変わらずお綺麗なこと。
IMG_8427IMG_8443
IMG_8514IMG_7852
当然の如く?撮り倒します。

で、試合の方はと言いますと…
続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド