野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

FubonAngels

開幕までの「長く険しい途」

久々に書きます。


ほんの数日前に「6月開幕絶望か」なんて言われていたのですっかり諦めていたのですが、突然

 6月19日開幕へ、なんて話が出てきてちょっとびっくりしております。

「何でまた6.19?」と思ったら、当初予定では交流戦後のリーグ戦再開日だったんですね。
東京五輪延期で空いた7月に予定を突っ込んで、125試合を消化させる計画のようですが…さてどうなることやら。

続きを読む

球春(はる)がきた。

EOS_2587
約ひと月遅れで、やっと球春が到来しました。

勿論、日本の球界の話ではありません。
新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的大流行さえなければ、現地で観ていたはずの中華職棒です。

本来なら11日の土曜日に、前年チャンピオンのLamigo改め樂天桃猿と中信兄弟の試合(@桃園)で幕を開ける予定でしたが、惜しくも雨天中止。
翌12日は桃園で樂天桃猿と富邦悍將、台中洲際で中信兄弟と統一の試合が組まれていましたが、桃園が前日に引き続き雨天中止となったため、全世界レベルでの「プロ野球2020シーズン開幕戦」は、
IMG_4151
(※2019年6月撮影)
台中の試合となったのでした。


続きを読む

中華職棒啦啦隊考察〜峮峮だけじゃないですよ(笑)〜

オフシーズンに入って移植以外のネタも尽きたこともあり、ちょっと毛色の違う話を書いてみようと思います。

とうとう、中信兄弟啦啦隊・Passion Sistersの峮峮(qun qun≒チュンチュン)さんが
cover
(※画像は集英社週刊ヤングジャンプ公式HPより引用)
日本でグラビアデビューしてしまいました。しかも、ロケ地が船橋運動公園というので二度吹いてしまったのですがw

IMG_20191209_161126
実は、彼女の写真集もこっそり(?)台湾から通販で取り寄せていたのですが、日本ではポニーキャニオンが版元となって出版するようで、そのプロモーションを兼ねてのグラビア掲載だったようです。
因みにその写真集をワタクシの会社の同僚に貸したのですが、彼曰く「普通に踊っている方が可愛い」とのこと。

6月にも触れましたが、その火付け役となったYouTubeのうp主さんの動画には、連日連夜多くの日本人からのコメントが寄せられるという繁盛っぷり。
その影響で?、元々このブログへ引用するためだけにアップしたワタクシの動画にもいくつかコメントを頂いておりまして、この場を借りて御礼申し上げる次第なのですが、峮峮人気と共に陳子豪應援曲の中毒患者も増えているようで。既に2年前に中毒症状を発症していた身としては、ドヤ顔で歩いてみたくもなりましたが、そんなキャラでもないのでねぇ…ただこれで、台中洲際の応援席が取りにくくならないことを祈るばかりです(笑)

…そろそろ本題入りましょうかね。


続きを読む

天使の微笑み(9/3 富邦悍將-統一)〔後編〕

コンコースで食糧を調達しますが、特徴的なのはお茶。
IMG_4435IMG_4434IMG_4436
珍珠奶茶(タピオカミルクティー)を始めとして、街中のティースタンドで売っているようなお茶が、50元(≒170円)と、街中と大して変わらない価格で買えます。
そんなわけで「タピ活」に勤しむことにしましたが…1日1杯が限界ですわw

で、食事のラインナップもいろいろありますが、基本はライトミール。
IMG_4437
んなもんで、今回はピザを選択。
「15分くらい掛かる」とのことですので、恐らく場内で焼いているんだと思います。

EOS_1308
ピザを待っている間に、高國慶のタイムリーで統一が1点を追加し、点差を2点に拡げます。

15分後。
ピザが焼きあがりましたが、最前列の自席まで戻るのが面倒くさかったので、後列の空席に座ってぼんやり試合を眺めながら食べる事に致します。

IMG_4439IMG_4438
相方が別に買ってきたナチョスとともに…完全にメタボ飯ですわw

ピザですが、チェーン店の割には非常にしっかりした作りで、先日食した所沢の「L‘s CRAFT」のピザと遜色ない感じでした。(もっちり系のL’s CRAFTに対して、こちらはクリスプ感が強いですが。)
因みにお値段は129元(≒439円)…やっぱり食事は安いですわ。

…と、食べる方に集中していたところ、
EOS_1309EOS_1315
林益全の2ランが飛び出して富邦が同点に追い付きます。

EOS_1360EOS_1365
続く6回には胡金龍のタイムリーで再び勝ち越した富邦。
スタンドにFubon Angelsが戻ってきて、終盤に突入します。


続きを読む

天使の微笑み(9/3 富邦悍將-統一)〔前編〕

FullSizeRender
9月3日 新莊棒球場 3,089人
下半季14回戦(GAME201) 富邦悍將 8勝6敗(※2019通期:17勝17敗)
統  一|003 010 001 =5
富邦悍將|200 021 001X=6
【勝】陳鴻文 5勝 0敗 17S
【敗】劉軒荅 3勝 1敗 0S
◆本塁打
富邦悍將:林益全22号2ラン(5回/亞力克)、 胡金龍12号ソロ(9回/劉軒荅)
席に着いて落ち着く間も無く、試合は始まります。

IMG_4433
今回取った席は最前列。
目の前にFubon Angelsがやって来るという、ある意味特等席。
普通にチアだけを撮るのなら何の問題もないんでしょうが、試合とチアの両方を撮るワタクシにとっては少々しんどい席だったのです。

だって、
EOS_0431
28mm(※ワタクシ使用の機材はAPS-C機なので、35mmフルサイズで44.8mm相当)でこの距離感、
EOS_0465
75mm(※同・120mm相当)でこれですよ。

望遠レンズなら、焦点距離が短い方の100mm(※同・160mm相当)
EOS_0574
こんなんになりますから、いつものように望遠で全てを賄うのは非常に難しい状況。ということで、レンズ取っ替え引っ替えで臨むことになってしまいました。

…まあ、贅沢な悩みではあるんですが(^^;

続きを読む

またまた台湾〔11〕〜RISING NORTH(5/17 富邦-中信兄弟)〜

IMG_4340
5月17日 新莊棒球場 4,075人
12回戦(GAME73) 富邦8勝4敗
中信兄弟|000 600 220=10
富邦悍將|000 002 005= 7
【勝】
蔡齊哲 2勝 5敗 0S
【敗】
陳仕朋 0勝 2敗 0S
◆本塁打
中信兄弟:張志豪8号3ラン(4回/陳仕朋)、王峻杰1号ソロ(4回/陳仕朋)
富邦悍將:陳凱倫2号ソロ(6回/蔡齊哲)

中華職棒観戦5試合目にして、漸く台湾人投手同士の投げ合いにあたりました!
ということで、
IMG_4342IMG_4405
富邦悍將は陳仕朋、中信兄弟は陳琥の先発。

初回、富邦は無死満塁という絶好の先制のチャンスを迎えます。
IMG_4464
しかし、4番の蔣智賢がファーストライナーのダブルプレー(飛び出した一走が戻れず)に倒れ、
IMG_4479
続く陳品捷も三振で無得点という、なんか非常に既視感のある光景がw

その後、暫く両投手の投げ合いが続いたので、面前のFubon Angelsを撮り倒す方向で。
IMG_4417
IMG_4425IMG_4394
IMG_4551
愛嬌のあるパフォーマンスをYouTubeでよく目にしていた、卡卡さんの姿を生で見られたことに嬉しさを覚えつつ、
IMG_4607-aIMG_4371
他のメンバーも撮っていきます。
続きを読む

またまた台湾〔10〕〜びっくリノベーション〜

本日の最終目的地・新莊棒球場へ向かいます。
行き方はこちらを参照いただくとして、歩くこと約10分。

IMG_2987-a
棒球場に着きました。

正面が入場券売場になっており、そこで当日券を求めます。
実は前売りで券は買っていたのですが、何でわざわざ当日券を買うなんておかしなことをするかと言いますと、単純に「純正の」チケット台紙が欲しかったからなのです。(日本で買うとどうしてもチケット屋の台紙になっちゃいますのでねぇ。)
で、ひとまず片言の英語で、常備されているエリアマップを指差して「内野1枚」なんて感じで係の姉ちゃんとやり取りをしていたのですが、ワタクシのそんな語学レベルでもちゃんと買えました。
(語学力に自信がなかったり、係員に英語が通じない状況であれば「内野全票1張」なんて紙に書いて見せる、という手もありますが、希望の席を買おうと思うのならば、前売券をネットで買うのが一番簡単かつ確実です。座席位置も選べますしね。)

ということで、前回は格子越しにしか覗けなかった場内へ入ります。


続きを読む

禁断症状発症〜偏屈者は三塁側へ〜(11/18 TPE-JPN)

IMG_7522
11月18日 東京ドーム 35,473人
アジアプロ野球チャンピオンシップ予選 GAME3
JPN|001 020 311=8
TPE|000 000 002=2
【勝】今 永
【敗】林政賢
◆本塁打
TPE:朱育賢ソロ(9回/平井)


元々は行く気なかったんですよ。
でも、前週の桃園の盛り上がりっぷりを見て、「あのスタンドの雰囲気をもう一度!」ってな気分になりましてね。
帰国後チケットサイトを確認してみると、幸いにして「チア応援シート」なる席がまだ残っていたもんで、速攻で押さえた次第でした。

あ、席はもちろん三塁側です(笑)


そして迎えた当日。
マリーンズとの「亞冠熱身賽」開催前に陣容は発表されていましたが、
IMG_7517
台湾からCPBLの各球団のチアの代表4名(4球団×各1名)と、「CPBL Baseball Girls」(中華隊専属チア)の代表4名、応援団長2名(中信兄弟と統一より)が乗り込んできました。
(因みにこのフォーメーションは、12日の対マリーンズ3戦目で初お披露目となったようでした。)

IMG_7854IMG_7702
まー、相も変わらずお綺麗なこと。
IMG_8427IMG_8443
IMG_8514IMG_7852
当然の如く?撮り倒します。

で、試合の方はと言いますと…
続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド