野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

桃園國際棒球場

【速報】伝書人〜でんしょびと〜・ふたたび

台湾に来たからには、やらなければならないミッションがありました。
こちらで預かったマー様のメッセージをきちんと伝えること。
でも、これって結構難易度高いんですよ。

何故かって?

・桃園でLamigoの主催試合が開催される。
・羚小鹿さんがその日に出勤している。

このうちどちらかでも条件が崩れたらおしまいなのですが、それに加えて、

中国語の話し手が要る。
という最大の問題が。
でもワタクシの場合、案外これは簡単。
ネタ拾いに寛容な日英中トライリンガルの相方を持っていたのは、大きなアドバンテージでした。
…普段はそんな風に見えないんですけどねw

で、桃園棒球場に行くまではいいのですが、この日の台北は朝から雨が降ったり止んだりという非常に微妙な天候。それに加えて南の高雄や台南は洪水レベルの大荒れの天気でしたので、いつ雨雲が北上してくるか気が気でない状態でした。
桃園に向かう16時頃まではグズついた天候が続いていましたが、高鐵に乗って板橋を過ぎた頃には日が射してきました。

まず、これで一つ目の条件クリア。

で、我々が陣取った三塁側にその姿はなかったのですが、ビジョンに映った一塁側に小鹿さんの姿が確認できたので、無事条件が整いました。


あとは、いつ決行するか?



…それが最大の問題だったりしてwww


続きを読む

本拠地巡礼2019・春〔5〕(4/4 Lamigo-富邦悍將)〜終わってみればいつも通りの…〜

IMG_0030
4月4日 桃園國際棒球場 8,689人
2回戦(GAME15) 1勝1敗
富邦悍將|000 010 100=2
Lamigo|100 030 32X=9
【勝】王溢正 1勝 0敗 0S
【敗】陳仕朋 0勝 2敗 0S
◆本塁打
富邦悍將:王正棠1号ソロ(5回/王溢正)
Lamigo:林泓育2号2ラン(7回/張竣龍)
8,689人という観客数。NPB基準では「閑古鳥が鳴くレベル」の入りかもしれませんが、CPBL基準では比較的入っている方ではないでしょうか。
IMG_3849
試合前のコンコースは身動きが取りにくいくらいの人だかり。
事前にネットで買っていた「Lamigirls観覧席(※)」もほぼぎっちり埋まっており、恐らく試合中は身動きが取れんやろなぁと思って、事前に食料調達をすることに。ここ暫く、桃園の球場飯も食うことがありませんでしたので、ホンマに久々です。

カウンターに指差しできるメニューがあるのを確認した上で、
IMG_3842
IMG_3844
こちらの店で「大聖牛腩飯」をドリンクセットで頼むことにしたのですが、悲しいかな、やっぱり発音がままなりません。
話せないのを察したカウンターの兄さんが即座に英語に切り替えてくれて、なんとか事なきを得たレベル。

てっきり「大聖牛腩飯」は日本で言うところの「ぼっかけ丼」やら「どて丼」に近い商品なのかなと思っていましたが、
IMG_3846
出てきたのは牛スネ肉とモツのカレーでした。(…単純にオーダー間違えただけ?)

でも、台湾の牛肉料理故に八角が効いているのがポイント。
最初はおやっ?と思いますが、次第にカレーの風味が勝ってくるので、普通に日本のカレーの感覚で食えます。(因みに日本統治時代の名残か、日式カレーを出す店はそこそこあるようです)
かといって、日本の球場メシのカレーを想像すると、良い意味で裏切られます。(これに近いクオリティーを持っているのは、神戸サブ球場で出張販売していた「おかもとのカレー」くらいでしょうね。あくまでもワタクシが実食した範囲での話ですが。)

続きを読む

本拠地巡礼2019・春〔4〕〜寄り道の果て(後編)〜

桃園の試合開始は17時05分。
時間としては非常に中途半端になってしまったので、取り急ぎ相方から頼まれていた「お礼参り」をしに龍山寺へ向かうことと致しました。

まず桃園捷運で台北車站へ向かい、徒歩連絡で台北捷運の北門站から西門乗り換えで龍山寺へ。
そしたらこの時点で時刻は15時。
結構タイトになってしまったので、急ぎお参りを済ませて龍山寺を後にします。

IMG_3831
実に滞在時間5分足らずwww
お参りの意味あるんかいな?

続きを読む

また行く台湾〔4〕(11/9 千葉羅-Lamigo)〜世界のロッテ、台湾最強に勝つ〜

EOS_0610
11月9日 桃園國際棒球場 (※観衆データ不明。約3,000人?)
桃園最強Power Series2018第1戦 羅1勝
Lamigo|000 010 000=1
千葉羅|221 100 00X=6
【勝】二 木
【敗】蘇俊羽
◆本塁打
Lamigo:林泓育ソロ(5回/二木)

EOS_0600
所謂「花相撲」ではありますが、2日前に福岡で開催された侍JAPAN対台湾代表の試合でクリーンアップを打った陳俊秀や林泓育、朱育賢がそのままの並びで普通に出場するなど、野手陣はほぼレギュラークラスを用意したLamigo。他方、マリーンズも公式戦並みとはいかないまでも、「来季を見据えた」
(井口監督談)というラインナップ。

EOS_0634EOS_0637
EOS_0654EOS_0663
…あ、勿論Lamigirlsも通常営業ですw


EOS_0673EOS_0739
ということで、二木と蘇俊羽の先発で「台湾最強(※CPBL4期連続優勝)」対「世界のロッテ(※PBL5位)」の試合が始まったわけですが…


マリーンズ、普通に強いやん!!!

続きを読む

また行く台湾〔3〕〜早朝便のツケ〜

ひとまず眠さが限界に近づいていたので、桃園機場捷運で環北まで向かい、そこから先はタクシーで中壢の常宿に向かいます。


日本以上にシートベルト着装の罰則規定の厳しい台湾なのに、乗ったタクシーのシートベルトがはまらまいというまさかの事態がありましたが、無事に常宿に到着。


前回泊まった際に色々お世話になったスタッフのお姉さんがワタクシのことを覚えて下さっていたのには驚きましたが、「Lamigoの試合を観に来る日本人」というのに多少なりのインパクトがあったんでしょうかね。


ともあれ、滞りなくチェックインが済み、目覚ましを16時半にセットして暫しの仮眠へ。


続きを読む

ちょっくら台湾〔9〕(7/14 Lamigo-中信兄弟)〜桃猿大敗〜

IMG_0556
7月14日 桃園國際棒球場 11,068人
下半季3回戦(GAME127) Lamigo2勝1敗 (※2018通季16勝6敗)
中信兄弟|303 001 201=10
Lamigo|001 000 001=2
【勝】艾迪頓 5勝 4敗 0S
【敗】王溢正 4勝 5敗 0S
◆本塁打
中信兄弟:藥匕5号2ラン(3回/王溢正) 張志豪17号ソロ(9回/洪聖欽)
Lamigo:王柏融11号ソロ(9回/官大元)

試合はLamigo・王溢正と中信兄弟・艾迪頓(Nick Additon)の先発。
IMG_0900
王溢正はかつてベイスターズに在籍していた左腕で、その名を記憶している方も多いと思います。

IMG_1082
一方の艾迪頓はアメリカ出身で、独立リーグやメキシコ・ドミニカ、果ては韓国ロッテまで、世界各地を渡り歩いているピッチャーのようです。

Lamigoの先発が台湾人というのは公式戦では初観戦で、且つ日本でもそれなりに知られているピッチャーとなれば、頑張って欲しいというのが偽らざる心情だったのですが、どうにも調子がよろしくありません。

続きを読む

ちょっくら台湾〔8〕〜試合前のゴチャゴチャ〜

過去、CPBLの公式戦は平日の試合しか見たことがありませんでしたが、今回初めての週末試合観戦。
しかも、「嬉力趴」というイベントゲーム。
些か早いとは思いましたが、もしかしたらイベントゲームだからステージをやってるかな?と期待して15時前に球場着。
そしたら、ステージの前に
IMG_0538-a
でっかいプールが出来てまんがなwww

事前に「水遊びイベント」みたいなのをやるというのはLamigoの公式HPで見ていたのですが、まさかここまで本格的なものとはねぇ。

…これ、いろんな意味で、日本では絶対出来ないイベントですね。

そのままプール周辺をうろついていたら立派な不審者ですのでw、スタンドに入ります。

続きを読む

ちょっくら台湾〔5〕(7/13 Lamigo-中信兄弟)〜桃猿大勝〔前編〕〜

IMG_7673
7月13日 桃園國際棒球場 7,134人
下半季2回戦(GAME125) Lamigo2勝 (※2018通季16勝5敗)
中信兄弟|003 000 020=5
Lamigo|105 200 00X=8
【勝】克恩三世 9勝 1敗 0S
【S】吳 丞 哲 1勝 0敗 1S
【敗】賽 格 威 2勝 5敗 0S
◆本塁打
中信兄弟:陳子豪9号3ラン
(3/克恩三世)


ここまでの写真は全てコンデジで撮っており、球場に着いて漸く一眼レフを取り出します。
IMG_7662IMG_7664
そしたら見た目(肉眼)ではそうでもないのに、画像はえらい雲っているではありませんか。
なんでや?と思ってレンズを見たら…原因は湿度差起因の湿気だったようですw

レンズをちゃんと拭いたら
IMG_7666IMG_7668
ご覧の通り。全然ちゃうわ。
ということで、
IMG_7697IMG_7684IMG_7692
いつものLamigirls観覧席(笑)から。

続きを読む

またまた台湾〔7〕〜大荒れの首位攻防戦(5/16 Lamigo-統一)〔後編〕〜

IMG_2797
長時間にわたる攻撃の後でしたが、Lamigoの先発・尼克斯は統一打線に的を絞らせず、5回も無失点で凌ぎます。

その裏のLamigoの攻撃も簡単に終わり、「熱區民」お待ちかねの?「中場表演」のお時間。
メンバーが東西入れ替わりますが…
IMG_2868
IMG_2866IMG_2871
誰が誰だか判れへんw

IMG_2895IMG_2896
IMG_2904_1
IMG_2919_1IMG_2921_1
演出の都合ではあるんでしょうが、わざわざグラサン掛けささんでもいいのに。

あー勿体ない勿体ない…



続きを読む

またまた台湾〔6〕〜大荒れの首位攻防戦(5/16 Lamigo-統一)〔前編〕〜

IMG_1770
5月16日 桃園國際棒球場 3,896
11回戦(GAME72) Lamigo8勝3敗
統  一|000  001 100=2
Lamigo|101 10 01 12X=16
【勝】尼克斯  2勝 2
敗 0S
【敗】馬丁尼茲 2勝 2敗 0S
◆本塁打
Lamigo:郭嚴文2号ソロ(1回/馬丁尼茲)、林承飛4号ソロ(3回/馬丁尼茲)

ゲーム差一つで迎えた首位攻防戦。この日統一が勝てば首位Lamigoに並ぶという状況でして。
IMG_1836IMG_1908
Lamigo・尼克斯(Michael Nix)と統一・馬丁尼茲(David Martinez)の先発で始まりまs…と、今回も外国人投手の投げ合いで、未だに中華職棒の公式戦で台湾人投手同士の先発試合を観ることがありませんw

ま、それはさておき。
尼克斯は前回も観ておりますが、中華職棒の試合って火曜日と水曜日が1試合、木曜〜日曜が2試合開催という原則に基づいて試合が組まれているため、一体どういうローテーションを組んでいるのか非常に気になります。前回観戦したのが火曜日でしたので、尼克斯の場合は火曜若しくは水曜の登板で設定されているんでしょうが、週によって中7日だったり5日だったりってことなんですかね?…調整やりづらくないのかな?


続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド