野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

台中洲際棒球場

団子より華・2019 〜Passion Sistersで語る試合経過〜(6/6 中信兄弟-富邦悍將)

IMG_0189
6月6日  台中洲際棒球場 3,334人
前期14回戦(GAME104) 中信兄弟5勝9敗
富邦悍將|000 222 010=7
中信兄弟|100 000 210=4
【勝】羅 力 5勝 3敗
【敗】蔡齊哲 2勝 6敗
◆本塁打
富邦悍將: 胡金龍4号2ラン (5回/蔡齊哲)
中信兄弟: 張志豪10号2ラン (7回/羅力)
充てがわれた、というより事前指定していた席が
IMG_0185IMG_0186
まさかの死角だらけ。

ネットに阻まれ、柱に阻まれ、スピーカーに阻まれ…もうどうしようもないので、試合の撮影は諦めて

EOS_7498EOS_7236
EOS_7429EOS_7689EOS_8095
EOS_8049EOS_8150
Passion Sistersの撮影に専念することに致しましたw

続きを読む

Road to the Ballpark 〜バスに乗るのも一苦労〜

昨年も書きましたが、高温多湿の台湾の日中を歩き通すのはなかなかの苦行です。
特にワタクシ、暑さへの適応力が弱いらしく、なんだかんだで道中1度は体調を崩すのがデフォルトとなりつつあります。

そんな訳で、夏の台湾では早めのチェックインが必須。
(因みに、連泊となった前日の台南は、Don‘t disturb ランプを点けてそのまま部屋に留まりました。)

シャワー浴びて汗を流し、ちょっとベッドに横になるだけでも大分違うんですよね。


この日の台中は30度越えの気温でしたが、幸い湿度が(台南に比べて)低く、若干過ごしやすい状況でしたので、夕方には体調も回復。

この日のメインイベントが行われる台中洲際棒球場へ向けて出発します。

続きを読む

懲りずに台湾〔6〕(9/12 中信兄弟-統一〔下〕)〜荒れそうで荒れなかった後半〜

3年前、イタリア代表が土産物を物色していたコンコースをトコトコ歩きます。

EOS_6762
壁にはPassion Sisters。桃園のLamigirlsといい、チア推しが半端ないですね。
これ、強引に例えると京セラのコンコースにBsGirlsの画像がべったらべったら貼られているようなもんですからね。日本的発想だと人によっては受け入れ難い部分もあるでしょうが、あんまり台湾では関係ないんでしょうかね?

EOS_6761
こんな便當(弁当)屋もあったり、3年前に比べると格段に球場メシのレベルは上がったように思いますが…
やっぱり台中だと
IMG_3392
場外の屋台を選んでしまうんですよね。

前回は焼売でしたが、今回は鍋貼(焼餃子)。
IMG_3391
8個で50元(≒185円)ですからね。やっぱり安いわ。
餃子の王将でお馴染みの?「コーテルイーガー(鍋貼一個)」でオーダーが通るかどうかは知りません(※しょっちゅうネイティブ中国人に間違えられるほど、中国語堪能な相方がいますから、ワタクシの出る幕はないのですw)が、2種類を1箱ずつ購入。

スタンドに戻る最中に、
EOS_6763
中信兄弟の象のマスコット「小翔(xiao xiang)」とすれ違いますが、マスコット大好きの相方は何故か「あの象、怖い〜!!!」と。

真正面から見ると
EOS_6780
こんなんだからでしょうか?


因みに試合の方は、外をほっつき歩いている間に統一が2点を返すも、すぐさま中信兄弟も2点を返し、中信兄弟4点リードで折り返します。
続きを読む

懲りずに台湾〔5〕(9/12 中信兄弟-統一〔中〕)〜序盤戦〜

 
EOS_5804
9月12日 台中洲際棒球場 2,917人
下半季13回戦(GAME212) 中信兄弟7勝5敗1分 (※2018通季16勝17敗1分)
統  一|000 203 000=5
中信兄弟|031 200 00X=6
【勝】官大元   3勝 1敗 0S
【S】李振昌   0勝 0敗 10S
【敗】羅里奇  10勝 8敗 0S

試合が始まり、Passion Sistersは4名ずつ1塁側と3塁側に陣取ります。
Lamigoや富邦と同様に、ガンガン音響を鳴らしまくるのは変わらないのですが、中信兄弟の場合はそれに加えてホームでもラッパ隊がいるのが特徴。
トランペット5本にトロンボーン2本ですから、PAと合わせるとなかなかの迫力。
日本の応援団のような爆音系ではなく、基本ブラスバンド系の美音なので音質は比較的まろやかなのですが、時々気が狂ったかのようなハイトーン(←褒め言葉)をかましてくるのでなかなか侮れません。

…動画を撮れば良かったのですが、見事に忘れておりましたので、詳細をご覧になりたい方は各自YouTubeで検索してくださいませ。

続きを読む

懲りずに台湾〔4〕(9/12 中信兄弟-統一〔上〕)〜本日の「裏テーマ」〜

3年ぶりに戻ってきた、台中洲際棒球場。
すっかり中信兄弟のホームスタジアムとして様変わりしておりました。

IMG_3388
ゲートも本格的なものが付けられております。

IMG_3390
階段を登りきると、非常に開放的なコンコースがお出迎え。ここまではチケットなしで入れます。
因みに、チケット売場とグッズショップは階下にあります(ZOZOマリンスタジアムの構造をイメージして頂ければ判りやすいかも)
んなもんで、いきなりゲートの階段を上ってしまうと「チケットどこで売ってんねん!?」って彷徨う羽目になりますのでご注意あれ。
…まあ、事前にネットで買ってコンビニ発券(※中信兄弟主催試合のチケットは、7-ELEVEn、FamilyMartの双方で発券できます)していれば問題ない話ですが。



続きを読む

懲りずに台湾〔3〕〜メーター動かぬタクシーで〜

中華職棒の平日ゲームで、試合開始前のイベント開催は滅多にありません。
んなもんで、18時35分試合開始ではありますが18時前に着けばよいかなと思い、ホテルで引っ越し関連のやり取りをこなした後、棒球場に向かう「全航客運の58番のバス」を待つことに。

が、肝心のバスが来やしません。
しかも、来たと思ったら逃げられてしまい…結果、またもタクを使うことに致しました。

駅方面に向かって歩いていたところ、手前にある國光客運のバスターミナルにタクシーが1台止まっているのを発見し、球場へ行けるか交渉(←勿論、相方がです)。

すると「大体30分くらいだから、18時くらいには着けるかな。300元(≒1,110円)でいいよ」と。

(´-`).。oO(…ん? 台湾のタクシーは基本メーター制の筈なのにええんかいな?)

(´-`).。oO(でも、ボラれたとしてもそんなに大きな額ではないから、ま、ええか。)

ということで交渉成立。タクシーに乗り込みます。

続きを読む

中華職棒を齧る夜(11/11 ITA-TPE)

IMG_0158
11月11日 台中洲際棒球場 8,517人
WBSCプレミア12 グループリーグA GAME12
TPE|201 100 201=7
ITA|000 010 000=1
【勝】郭俊麟 1勝 0敗 0S
【敗】Panerati 0勝 1敗 0S
◆本塁打
TPE:林智勝1号ソロ(3回/Panerati)、郭嚴文1号ソロ(9回/Pizziconi)
ITA:Sambucci1号ソロ(5回/郭俊麟)


チケットが売れていないのを良いことに、ネット裏最前列を購入するなんて暴挙に出てみたのですが、なかなかこれが曲者でした。

NPB球団のフランチャイズ球場と同じ感覚で考えるとなかなかイメージしにくいのですが、最前列席の前に広い通路が取られていたのです。(…あ、書いてて思い出しましたが、鎌スタがこの形でした。)
しかも、ほぼグラウンドレベルの高さであることが災いして?右前方にはテレビカメラが鎮座。左側にはスピードガンが設置されてたりと死角だらけ。
それに加えて
IMG_0430_1aIMG_0431_1
報道のカメラ大集合www
まあ、これは常時ではありませんでしたが、こんな諸々があってチケット料金がNTD1,800(≒6,840円)。

因みに、中華職棒の入場料が最高でNTD400(≒1,493円/台中洲際での中信兄弟ブラザーズ主催試合・土日祝日内野席価格)ですから…

ぼったくり過ぎやろ!!!

チケットが売れていない理由はこんなところにもあるのかもしれません。

続きを読む

宿願成就

そんなわけで、2度目の入場です。

ビジター扱いの中華隊が陣取る1塁側(※台湾ラウンドではホームチームが3塁側に陣取るレギュレーションになっているようです)はそこそこ人が集まってきていますが、3塁側は人がいる方が珍しい状態w
観客のほぼ全てが中華隊の応援に来ている中、頭のおかしい日本人2人は真っ先にレフトポール際に向かいます。もちろん、ユニフォームはBsのを着て(笑)

IMG_0089IMG_0079
試合前、投手陣が外野でアップするのは日本と同じ。
サインを入れて貰ったタオルとBW復刻の本人使用ユニ(※オークションで落札しました)を掲げていたら、
IMG_0083-a
手を振ってくれました!

よっしゃ〜!これで「無駄な努力」が報われた〜!! と思ったのも束の間。
ブルペン脇でこの様子を見ていたピッチングコーチが相方に英語で「あんた、マエストリのファンなのかい?」と聞いてきました。
相方が「はい、日本から来ましたー!」と答えたら、
「アップが終わったら呼んできてやるよ。」
関係者でも何でもないのに、なんなんですか、この扱い。
あまりにもユル過ぎるわwww

そんな予期せぬ提案に「いえ、無理です!緊張し過ぎて英語話せなくなります!!」と動揺しまくる相方。
「折角呼んでやるって言ったのに…?」と言わんばかりに首を傾げつつ、再びグラウンド方向に視線を戻します。

続きを読む

Intermission〜過剰なまでの情熱〜

「混雑しないうちに土産物買わないと!」ということで、試合終盤はコンコースを徘徊していた我々。
最後のシーンは3塁側スタンドの後方通路で観ていました。

目の前には偵察なのか勉強なのか判りませんが、イタリア代表の面々が観戦中。
その中に日本人らしき方も混じっていたもんで、もしかしたらマエストリも近くにいるのかな?と思って探してみましたが、姿は見当たらず。

すると、その日本人らしき方がこちらにチラチラと視線を送ってきます。
「何かしたかぁ〜?」と思っても心当たりがありません。

そしたらば…

続きを読む

真昼の決闘(11/11 NED-CUB)

IMG_9956
11月11日 台中洲際棒球場 674人
WBSCプレミア12 グループリーグA GAME8
CUB|010 004 010=6
NED|002 201 000=5
【勝】J.Garcia 1勝 0敗 0S
【敗】Sulbaran 0勝 1敗 0S
◆本塁打
CUB:Hernandez 1号2ラン(6回/Jurrjens)
NED:Zarraga 1号2ラン(4回/Montieth)


IMG_0337_2IMG_0345_1
朝から宿近くの台中公園を散策し、昼飯食ったり何やり(※この模様はまた改めて別項で)してたら、少々時間が空いてしまいまして。

観光地巡りをするには中途半端な時間だったので、少々早いですが球場に乗り込むことにしました。
一応下調べはしていたのですが、念のためホテル出発前にフロントのスタッフに確認したところ「58番か65番のバスに乗って」とのことだったので、バス停に向かい58番のバス(全航客運)に乗ります。

台湾のバスは、後部座席の段々の角度がかなり急なもんで、
IMG_0404
最後部席からの眺めはこんな感じ。ブレーキをかなり強めに踏む傾向があるので、結構安定しないんですよね(苦笑)

市街地から約30分。
IMG_0408
「台中洲際棒球場」という電光表示が現れたタイミングでボタンを押しますが、止まる気配はなく次のバス停の表示に変わってしまいまして…
どうやら運ちゃん、素で忘れてたみたいですw

結局詫びの一言もなく次のバス停で下ろされて、来た道を引き返します。
幸い、一本道だったので迷うことはなかったのですが、球場の姿は見えど入口が判らん!ということで敷地内で彷徨う羽目にf^_^;)

結局、半周したところで漸くチケット売場を見つけます。
が、「え〜、入るの〜? お金勿体ないじゃん!」と相方がグズり始めます。

試合をやってる球場を前にして待つなんてこと、ワタクシにはできません。
「とりあえずチケット代は出すから!」と、そのままチケット売場に強制連行。
ひとまず内野席のチケット(NTD300)を求めますが、窓口のお姉ちゃんが
「もう試合7回まで進んでますけど、本当に買うんですか?」
と心配そうに尋ねます。

もちろん買いますとも!
如何せん、これに関してはワタクシ前科ありですから(笑)

IMG_0706
ということで、中に入ります。

続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド