野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

中信兄弟

開幕までの「長く険しい途」

久々に書きます。


ほんの数日前に「6月開幕絶望か」なんて言われていたのですっかり諦めていたのですが、突然

 6月19日開幕へ、なんて話が出てきてちょっとびっくりしております。

「何でまた6.19?」と思ったら、当初予定では交流戦後のリーグ戦再開日だったんですね。
東京五輪延期で空いた7月に予定を突っ込んで、125試合を消化させる計画のようですが…さてどうなることやら。

続きを読む

中華職棒啦啦隊考察〜峮峮だけじゃないですよ(笑)〜

オフシーズンに入って移植以外のネタも尽きたこともあり、ちょっと毛色の違う話を書いてみようと思います。

とうとう、中信兄弟啦啦隊・Passion Sistersの峮峮(qun qun≒チュンチュン)さんが
cover
(※画像は集英社週刊ヤングジャンプ公式HPより引用)
日本でグラビアデビューしてしまいました。しかも、ロケ地が船橋運動公園というので二度吹いてしまったのですがw

IMG_20191209_161126
実は、彼女の写真集もこっそり(?)台湾から通販で取り寄せていたのですが、日本ではポニーキャニオンが版元となって出版するようで、そのプロモーションを兼ねてのグラビア掲載だったようです。
因みにその写真集をワタクシの会社の同僚に貸したのですが、彼曰く「普通に踊っている方が可愛い」とのこと。

6月にも触れましたが、その火付け役となったYouTubeのうp主さんの動画には、連日連夜多くの日本人からのコメントが寄せられるという繁盛っぷり。
その影響で?、元々このブログへ引用するためだけにアップしたワタクシの動画にもいくつかコメントを頂いておりまして、この場を借りて御礼申し上げる次第なのですが、峮峮人気と共に陳子豪應援曲の中毒患者も増えているようで。既に2年前に中毒症状を発症していた身としては、ドヤ顔で歩いてみたくもなりましたが、そんなキャラでもないのでねぇ…ただこれで、台中洲際の応援席が取りにくくならないことを祈るばかりです(笑)

…そろそろ本題入りましょうかね。


続きを読む

嗚呼、哀愁の馬鹿試合(9/4 Lamigo-中信兄弟)

IMG_0471
9月4日 桃園國際棒球場 3,278人
下半期14回戦(GAME203) Lamigo5勝9敗(通期:15勝19敗)
中信兄弟|000 804 030=15
Lamigo|407 010 110=14
【勝】陳柏豪  1勝 1敗 0S
【S】李振昌  2勝 1敗 6S
【敗】黃子鵬  4勝 5敗 3S
◆本塁打
中信兄弟:藥匕 21号2ラン(4回/尼克斯)、王威晨 1号3ラン(4回/尼克斯) 
Lamigo:郭嚴文 12号2ラン(1回/黃恩賜) 、藍寅倫 10号3ラン(3回/官大元)、 陳俊秀 20号ソロ(8回/鄭凱文)

試合は初回から打撃戦の様相を見せます。


EOS_2341
中信兄弟の先発・黃恩賜の立ち上がりを捉えたLamigo打線。


EOS_2382
EOS_2384EOS_2389
まず一死2塁から陳俊秀のタイムリーで先制すると、
EOS_2445EOS_2451
朱育賢の内野ゴロで1点を追加した後、
EOS_2477EOS_2483
郭嚴文の2ランも飛び出して一挙4点を奪い、早々に黃恩賜をマウンドから引きずり下ろします。

3回にも、
EOS_2742EOS_2477EOS_2785
EOS_2786EOS_2739EOS_2868
EOS_2873EOS_2876EOS_2880
EOS_2892
EOS_2804
EOS_2967EOS_2966
誰が何を打ったか忘れてしまうくらいの猛攻で一挙7点を奪い、
EOS_2923
11-0という圧倒的な大差をつけて、試合を決定づけた…と、誰もが思ったはず。


「はず」と書いたということは、このままで終わらなかったのです。



続きを読む

団子より華・2019 〜Passion Sistersで語る試合経過〜(6/6 中信兄弟-富邦悍將)

IMG_0189
6月6日  台中洲際棒球場 3,334人
前期14回戦(GAME104) 中信兄弟5勝9敗
富邦悍將|000 222 010=7
中信兄弟|100 000 210=4
【勝】羅 力 5勝 3敗
【敗】蔡齊哲 2勝 6敗
◆本塁打
富邦悍將: 胡金龍4号2ラン (5回/蔡齊哲)
中信兄弟: 張志豪10号2ラン (7回/羅力)
充てがわれた、というより事前指定していた席が
IMG_0185IMG_0186
まさかの死角だらけ。

ネットに阻まれ、柱に阻まれ、スピーカーに阻まれ…もうどうしようもないので、試合の撮影は諦めて

EOS_7498EOS_7236
EOS_7429EOS_7689EOS_8095
EOS_8049EOS_8150
Passion Sistersの撮影に専念することに致しましたw

続きを読む

また行く台湾〔2〕〜美味いものとそうでないもの〜

なんでこんなおかしなことになったかと言いますと。


元々、11月に休暇を合わせてどっかに行こうかと画策していたところ、ワタクシが転勤の辞令を貰ってしまったことが事の発端。(流石に異動直後に長期の休暇を取るのは気が引けましてねぇ…)

でも、Lamigo対千葉ロッテの試合は観たいし…ということで、11/9、10に無理矢理連休をねじ込んだのでした。

しかし、今度は相方の仕事の都合が芳しくない。

そこで妥協案として、相方は前日の8日から連休を取り、ワタクシの入国から相方の帰国までの時間だけ行動を共にすることにしたのです。



まずは、腹が減っては戦が…ということで、朝飯の調達。

モノリンガルリーベンレンには絶対出来ない、屋台の朝飯です。



続きを読む

懲りずに台湾〔6〕(9/12 中信兄弟-統一〔下〕)〜荒れそうで荒れなかった後半〜

3年前、イタリア代表が土産物を物色していたコンコースをトコトコ歩きます。

EOS_6762
壁にはPassion Sisters。桃園のLamigirlsといい、チア推しが半端ないですね。
これ、強引に例えると京セラのコンコースにBsGirlsの画像がべったらべったら貼られているようなもんですからね。日本的発想だと人によっては受け入れ難い部分もあるでしょうが、あんまり台湾では関係ないんでしょうかね?

EOS_6761
こんな便當(弁当)屋もあったり、3年前に比べると格段に球場メシのレベルは上がったように思いますが…
やっぱり台中だと
IMG_3392
場外の屋台を選んでしまうんですよね。

前回は焼売でしたが、今回は鍋貼(焼餃子)。
IMG_3391
8個で50元(≒185円)ですからね。やっぱり安いわ。
餃子の王将でお馴染みの?「コーテルイーガー(鍋貼一個)」でオーダーが通るかどうかは知りません(※しょっちゅうネイティブ中国人に間違えられるほど、中国語堪能な相方がいますから、ワタクシの出る幕はないのですw)が、2種類を1箱ずつ購入。

スタンドに戻る最中に、
EOS_6763
中信兄弟の象のマスコット「小翔(xiao xiang)」とすれ違いますが、マスコット大好きの相方は何故か「あの象、怖い〜!!!」と。

真正面から見ると
EOS_6780
こんなんだからでしょうか?


因みに試合の方は、外をほっつき歩いている間に統一が2点を返すも、すぐさま中信兄弟も2点を返し、中信兄弟4点リードで折り返します。
続きを読む

懲りずに台湾〔5〕(9/12 中信兄弟-統一〔中〕)〜序盤戦〜

 
EOS_5804
9月12日 台中洲際棒球場 2,917人
下半季13回戦(GAME212) 中信兄弟7勝5敗1分 (※2018通季16勝17敗1分)
統  一|000 203 000=5
中信兄弟|031 200 00X=6
【勝】官大元   3勝 1敗 0S
【S】李振昌   0勝 0敗 10S
【敗】羅里奇  10勝 8敗 0S

試合が始まり、Passion Sistersは4名ずつ1塁側と3塁側に陣取ります。
Lamigoや富邦と同様に、ガンガン音響を鳴らしまくるのは変わらないのですが、中信兄弟の場合はそれに加えてホームでもラッパ隊がいるのが特徴。
トランペット5本にトロンボーン2本ですから、PAと合わせるとなかなかの迫力。
日本の応援団のような爆音系ではなく、基本ブラスバンド系の美音なので音質は比較的まろやかなのですが、時々気が狂ったかのようなハイトーン(←褒め言葉)をかましてくるのでなかなか侮れません。

…動画を撮れば良かったのですが、見事に忘れておりましたので、詳細をご覧になりたい方は各自YouTubeで検索してくださいませ。

続きを読む

懲りずに台湾〔4〕(9/12 中信兄弟-統一〔上〕)〜本日の「裏テーマ」〜

3年ぶりに戻ってきた、台中洲際棒球場。
すっかり中信兄弟のホームスタジアムとして様変わりしておりました。

IMG_3388
ゲートも本格的なものが付けられております。

IMG_3390
階段を登りきると、非常に開放的なコンコースがお出迎え。ここまではチケットなしで入れます。
因みに、チケット売場とグッズショップは階下にあります(ZOZOマリンスタジアムの構造をイメージして頂ければ判りやすいかも)
んなもんで、いきなりゲートの階段を上ってしまうと「チケットどこで売ってんねん!?」って彷徨う羽目になりますのでご注意あれ。
…まあ、事前にネットで買ってコンビニ発券(※中信兄弟主催試合のチケットは、7-ELEVEn、FamilyMartの双方で発券できます)していれば問題ない話ですが。



続きを読む

ちょっくら台湾〔9〕(7/14 Lamigo-中信兄弟)〜桃猿大敗〜

IMG_0556
7月14日 桃園國際棒球場 11,068人
下半季3回戦(GAME127) Lamigo2勝1敗 (※2018通季16勝6敗)
中信兄弟|303 001 201=10
Lamigo|001 000 001=2
【勝】艾迪頓 5勝 4敗 0S
【敗】王溢正 4勝 5敗 0S
◆本塁打
中信兄弟:藥匕5号2ラン(3回/王溢正) 張志豪17号ソロ(9回/洪聖欽)
Lamigo:王柏融11号ソロ(9回/官大元)

試合はLamigo・王溢正と中信兄弟・艾迪頓(Nick Additon)の先発。
IMG_0900
王溢正はかつてベイスターズに在籍していた左腕で、その名を記憶している方も多いと思います。

IMG_1082
一方の艾迪頓はアメリカ出身で、独立リーグやメキシコ・ドミニカ、果ては韓国ロッテまで、世界各地を渡り歩いているピッチャーのようです。

Lamigoの先発が台湾人というのは公式戦では初観戦で、且つ日本でもそれなりに知られているピッチャーとなれば、頑張って欲しいというのが偽らざる心情だったのですが、どうにも調子がよろしくありません。

続きを読む

ちょっくら台湾〔6〕(7/13 Lamigo-中信兄弟)〜桃猿大勝〔後編〕〜

試合は膠着状態に入り、5回終了。

一部のマニアお楽しみの「中場表演」のお時間がやって参りました。

IMG_9237IMG_9241
IMG_9313
IMG_9366IMG_9392
Lamigoも日本をフィーチャーした「YOKOSO桃園」やら、韓国をフィーチャーした「辣年糕趴」といったイベントゲームを開催してますから、この衣装が、着物とチマチョゴリのどちらをモチーフにしたのか一瞬判らんくなりましたが…まあ、色合いと柄から考えると「着物ドレス」なんでしょうね。

ということで、6回も両チーム無得点に終わり、再びLamigirlsが戻ってきましたが…


IMG_9563
期間限定メンバー、登場!!!


続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド