野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

上海

なぜか上海〔12〕〜最後の最後で〜

ということで、南京東路から浦東国際機場までは、
IMG_4513
乗り換えなしの地下鉄2号線でちんたらぽんたら向かいます。

でもね…「乗り換えなし」とは言いつつも、実は乗り換えあるんですよw


続きを読む

なぜか上海〔11〕〜看板に偽り…?〜

さて、龍陽路から再び市街を目指し、降り立ったのは
IMG_4506
昨晩の舞台の川向こうの浦東。地下鉄の駅でいうと2号線の「陸家嘴」站が最寄りになります。
画像の東方明珠塔に登ってみようかと思ったのですが、この手のランドマークの展望台は値段も高いというのが世の常にしてほぼ全世界共通。流石にトータルで380元(≒6,460円)も払ってまで登る気にはなれず、下から眺めるのみに止めておきました。


続きを読む

なぜか上海〔10〕〜地上最速・8分の旅〜

3泊4日の上海旅の最終日。
ちょっとした問題がありました。

それが何かと申しますと…荷物。

実は大陸には、コインロッカーが殆どありません。
んなもんで、ちょっと観光しようにもスーツケースが邪魔でしょうがないのです。
ホテルで預かってもらうか、はたまたスーツケース担いで観光するか…色々策を練りましたが、最終的には空港に放り込むことに。

ということで、帰国便は夕方発なのに、朝も早よから浦東国際機場に向かうこととなりました。

続きを読む

なぜか上海〔9〕〜格式の崩壊〜

鼠王国を後にして向かったのは、
IMG_4462
こちらの反対側の
IMG_4469
こちら。
オールド上海の象徴・外灘でございました。
この一角にある「和平飯店(Fairmont Peace Hotel)」のバーで毎晩開催されているJazzの宴を堪能したかったのです。
バンドメンバーの平均年齢は、何と75歳!
さぞかし味のある演奏を聴かせてくれるのでは…という期待を胸に、
IMG_4454
バーの扉を開けました。

続きを読む

「大陸の夢の国」の現実〔5〕〜未知との遭遇〜

度肝を抜かれた加勒比のあとは、事前に「快速通行証」を手に入れていた
IMG_4374
「雷鳴山漂流(Roaring Rapids)」へ。
8名定員のボートに乗って下っていく「急流滑り」に近いアトラクションなのですが、
IMG_1480
レインコート必携です。
ま、持ってなくても搭乗ゲート付近で1つ10元で売ってるので心配はないのですが、基本は使い捨て。
ただ、先客が捨てようとするレインコートを「要らないんなら頂戴!!」と言って貰おうとする人民が多いことには笑うしかありませんでしたね。

現地時間18時前。
「n娘ちゃんの宿題が残っている」という理由で、ここでN子さん母娘は帰宅の途に。
お世話になりっ放しでリターンが何ひとつできていないことに心苦しさを感じながらも、近いうちに再会できることを祈り、母娘を見送ったのでした。

そして、我々が向かった先は…

続きを読む

「大陸の夢の国」の現実〔4〕〜別物〜

アレンデール王国(※アナとエルサの住む国)を後にした我々。
n娘ちゃんの希望もあって、
IMG_4325
「愛麗絲 梦游仙境迷宮(Alice in Wonderland Maze)」を彷徨った後、
IMG_4381
「加勒比海盗・沉落宝蔵之戦(Pirates of the Caribbean – Battle for the Sunken Treasure)」に向かいます。
ま、平たく言えば「上海版・カリブの海賊」なわけなのですが…

はっきり言って、舞浜のやつとは全くの別物でした。
続きを読む

「大陸の夢の国」の現実〔3〕〜It's Show Time.〜

お昼にするかと思ったら、その前に向かったのは
IMG_1475
こちら。
「人猿泰山(Tarzan)」のショーでございます。

IMG_3819
こちら、普通のショーと思いきや、
IMG_3827IMG_3842
IMG_3892IMG_3898
IMG_4080IMG_4082
IMG_4085IMG_4087
IMG_4090
…やってること、色々おかしくないですか?
IMG_4022IMG_4049
IMG_4059-a
IMG_4164IMG_4170
これなんて命綱なしですよ。
完全に上海雑技団やん!!

IMG_4195
それもそのはず、実際に上海雑技団が絡んでるかどうかは知りませんが、中国雑技の要素をふんだんに含んだショーでございまして。一応下調べはしていたのですが、実際目にしてみるとスケールの大きさにただただ驚くばかり。
中国語が判らんでも、十二分に楽しめます。

続きを読む

「大陸の夢の国」の現実〔2〕〜“紙”の力、遂に及ばず?〜

【まずお断り。】
ワタクシの書く「○○の夢の国」シリーズは、原則、迪士尼にまつわる固有名詞のそのものズバリの表記を敢えて避けていました。(理由はこちら
ですが、今回の上海迪士尼編では、日本国内でガイドブックも満足に出回っていない状況を鑑みて、上海迪士尼の情報提供(というほど大した内容にはならんと思いますが…)を主にしようと思い、今回に限っては、「珍訳」を使わずに話を進めて参ります。何卒ご了承くださいませ。(※とはいえ、アトラクション名は原則中文と英文の併記…簡体字は可能な限り常用漢字に変換して表記しますので、アトラクションをカタカナ表記することは多分ないと思いますw)


上海迪士尼でどうしても乗ってみたいアトラクションというのがいくつかありまして。
まずは
IMG_3804
「探検島(Adventure Isle)」にある、
IMG_3806
「翺翔・飛越地平線(Soaring Over The Horizon)」のファストパスを手に入れようと、
IMG_3805
「迪士尼快速通行証」発券所(※上海迪士尼は、アトラクションごとではなくエリアごとにファストパス発券所が設けられています)に向かいましたが…Soaringのファストパスはすでに発券終了。(開園後30分で、ですよ。ピーク期の舞浜の『玩具総動員熱狂遊戯屋』並みの速さです。)

ということで、同所で
IMG_1479
雷鳴山漂流(Roaring Rapids)のファストパスを手に入れ、Soaringのスタンバイ列に並ぶことに致しました。

続きを読む

「大陸の夢の国」の現実〔1〕〜入国審査〜

上海3日目。
この日は終日インパークの予定でございました。
ということで、宿から地下鉄乗り継いで約50分。この旅3度目の迪士尼駅到着。
IMG_1470
ここで、N子さんと11歳になるその娘(仮名・n娘ちゃん…そのまんまですw)と落ち合い、入場ゲートへ。

IMG_3795
因みに、この時点で時刻は8時45分。下調べで目を通していた各種ブログには「9時オープンでも7時台には着いておく必要あり」という記述が多かったのですが、それが決して大袈裟でないことをこの後思い知らされたのでした。

続きを読む

なぜか上海〔8〕〜獅子王と終電〜

ということで、
IMG_3760
蘇州から再び上海へ。
気疲れもあってか、普段乗り物でほとんど寝ることがないワタクシには珍しく、帰途は爆睡こいてました。

上海駅から迪士尼楽園まで確かバスが出ていたと思ったのですが、乗り場の表示が何処にもなく、彷徨うこと数分。
バス停は結局見つからず、3度の乗り換え(1号線→2号線→16号線→11号線)を要する地下鉄で向かうことになってしまいました。

疲れがピークに達していた※もんで、本当は乗り換え不要のバスで行きたかったんですけどねぇ…鼠王国行きのバスとはとことん相性が悪いようです。
(※日本で例えれば、東京-静岡や大阪-名古屋に相当する距離を往復して、そこから成田や関空に行くようなもんですからねぇ。)

かくして約1時間後。
IMG_3785
再びやって参りました。
続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド