野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

道すがら

ユニバ珍道中

そもそも、この時期に大阪に向かったのは、Bsの試合を観たいからだけではありませんでした。
自粛疲れもあり、相方から「USJ行きたい!」というリクエストがあったのです。

「近場のディズニーじゃアカンの?」と言われそうですが、何せ相方、今年も、全世界の往来が遮断される直前にフロリダのディズニーワールドに行っていたくらい(※因みにワタクシは留守番ですw)のディズニーフリークで、既に舞浜では物足りなくなってしまっているのです。(本人がかつて舞浜で「宮仕え」していたのもあるんですけどね。)

てなわけで、翌日の9月3日。
ユニバーサルシティ駅を降り、トコトコ歩いてエントランスまで向かいますが…

IMG_4940-a
人、少なっ!!

こんなに閑散としたエントランスは、開業直前に訪れた時以来、久々に見ました。
(…余談ですが、開業前にこの辺をうろついていただけで「スタジオプレビュー」のピンバッヂを貰えた、なんてこともありましたw)
ディズニーリゾートのように入場制限が掛かっているわけでもないのにこれですから。
新型コロナウイルスの影響はまだまだ続きそうですね。


スタジオパスは現地購入。
エクスプレスパスも半額になっていたので一緒に買おうかと思ったら、窓口のお姉さんが「ドラえもん(※『STAND BY ME ドラえもん2』VRライド)だけで良いと思いますよ。」とアドバイス。
その助言に従って、ドラえもんのエクスプレスパスだけ追加購入して、中に入りますが…

続きを読む

わたしの知らない千葉〔下〕〜総括:今日は千葉県民の日〜

久々のご馳走をたらふく頂いた後、腹休めを経て再び温泉に向かいます。
大浴場でも良かったのですが、一応「貸切風呂が空いていれば何度でも利用可能」というプランでしたので、その元を取るべく?フロントへ空きの確認の電話を入れます。


IMG_0797
久々にダイヤルに指を突っ込みましたが、感触は重かったですね(笑)
でもこれ、平成後期世代だとどうやって使うのか判らん可能性もありますよね…。

で、「空きあり」とのことだったため、フロントで鍵を受け取ります。


続きを読む

わたしの知らない千葉〔中〕〜昭和レトロと美食の宿〜

IMG_0795
亀山湖をぐるっと回って、亀山温泉ホテルのエントランスへ。
いかにもな「昭和の温泉宿」の雰囲気を醸し出しています。

フロントでチェックインをする際に検温されるのは、この時期故に止むを得ません。
亀山温泉ホテルも4月から2ヶ月の休業を経て6月5日に再開したばかりですので、万全の注意を払っている様子が窺えます。

部屋に通されると、
IMG_0796
畳の良い香りが出迎えてくれます。

Google検索で「亀山温泉ホテル」と打ち込むと、二言目には「古い」「汚い」と言う文言が出てくるのですが、少なくとも「汚い」というのは的外れもいいところ。非常に手入れが行き届いています。

でも、「古い」という点に関しては…

続きを読む

わたしの知らない千葉〔上〕〜内陸の秘湯へ〜

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、「STAY HOME」の名の下に、外出することすら憚られる生活を実質的に強いられてきた昨今ですが、流石に自粛疲れは隠せません。
ワタクシの場合、テレワークなんてものとは無縁の業界に身を置いていますんで、普通に出勤していましたけど…それだって色々気疲れしますんでね。

てな訳で、一時金(※定額給付金ではありません)を元手に、当初はワタクシ唯一の未踏県である長崎に行こうと企んだのですが、当て込んでいた一時金が見込みよりも少額だったもんで断念。

どうするかねぇ?と思っていたところ、相方がネットで千葉の「秘湯」を探し出してきました。
ちょうど政府が6/19まで自粛を要請している「県跨ぎの移動」には該当しないということもあって、湯治をすることに決めたのです。



続きを読む

最後の午餐〜2年ぶりの御珍軒〜

旅の最終日。
早々にチェックアウトを済ませ、スーツケースを最寄りの忠孝復興站のコインロッカーにぶっこんで、この旅最後の街歩きに出ます。

因みに朝飯は、その忠孝復興站の高架下にある
IMG_4623
IMG_4624IMG_4622
「姜太太包子店」で包子(饅頭)を。
IMG_4617IMG_4619
これで1個18元(≒61円)ですから安いもんです。
因みにイートインスペースは2階にありまして、そこで仕込みもしております。

ささっと放り込んだ後、例によって(?)龍山寺へ。

IMG_4634
「願いが叶う」ことで有名な同寺ですが、相方の願いはすぐ叶うのにワタクシの願いは叶った試しがありません。相性が悪いのか信心が足りんのか、はたまた願いを日本語で唱えているからなのか…何が原因なのかは解りませんがw

お参りを済ませた後は、土産物を物色にカルフールへ向かいます。

因みに日本国内でもそうなのですが、ばら撒き土産はスーパーで買った方が圧倒的にお得です。最近でこそ自重していますが、かつて宮古島→沖縄本島でキャンプ巡りをしていた際はよく、沖縄から土産物を職場に直接送りつけていました。最も、本人が職場復帰する前に土産が先に到着していたものですから、上司同僚からは不思議がられていましたがww

ということで、買い物を済ませた後はこの旅「最後の午餐」へ向かいます。

続きを読む

裏・台湾野球メシ事情〜試合後の小腹の満たし方〜

台湾に通い始めた頃に比べると、ごく一部の例外を除いて、中華職棒の球場メシも大分充実してきたように思いますが、球場メシだけで腹いっぱいになるかというとそれはそれで別問題。
何かしらで小腹は空いてくるものです。

日本ならば、球場周辺の飲み屋や喫茶店、はたまたラーメン屋なんかで三次会若しくは反省会が出来るような環境がある程度整っていますが、台湾で球場周辺に飲食施設が整っているところは、ワタクシの知る範囲では新莊以外ほぼ皆無。その新莊にしても、どローカルの店が大半なので、モノリンガル日本人ではなかなか難しいところです。

因みに、ワタクシの過去の「試合後メシ状況」がどうだったかと言いますと…

●桃園:
IMG_2158
宿近くのコンビニ(中壢泊)、
IMG_2700IMG_2698
宿近くの寧夏夜市内の餃子屋(台北泊)、
IMG_3261
宿近くの中華屋チェーン店(中壢泊)、
宿近くのマクドナルド(台北泊)、不貞寝(台北、中壢泊)、弾丸で空港直行(※翌朝まで何も食えず)

●新莊:宿近くのコンビニ(新莊泊)

●天母:
IMG_0753-aIMG_0754
MRT芝山駅近くの団子屋(※相方がいたので言葉に困らなかったが、多分モノリンガルだと無理)

●台中:宿併設のスタバ

●台南:
IMG_4097IMG_4099
宿の夜食サービス

●澄清湖(高雄):
IMG_3560IMG_3562
宿の裏手にあった餃子屋(※オーダーシート方式なのでモノリンガルでも何とかなるかも)


ということで、宿近くの飯屋事情が鍵になってくることが判りました。




続きを読む

嗚呼、哀愁の馬鹿試合(9/4 Lamigo-中信兄弟)

IMG_0471
9月4日 桃園國際棒球場 3,278人
下半期14回戦(GAME203) Lamigo5勝9敗(通期:15勝19敗)
中信兄弟|000 804 030=15
Lamigo|407 010 110=14
【勝】陳柏豪  1勝 1敗 0S
【S】李振昌  2勝 1敗 6S
【敗】黃子鵬  4勝 5敗 3S
◆本塁打
中信兄弟:藥匕 21号2ラン(4回/尼克斯)、王威晨 1号3ラン(4回/尼克斯) 
Lamigo:郭嚴文 12号2ラン(1回/黃恩賜) 、藍寅倫 10号3ラン(3回/官大元)、 陳俊秀 20号ソロ(8回/鄭凱文)

試合は初回から打撃戦の様相を見せます。


EOS_2341
中信兄弟の先発・黃恩賜の立ち上がりを捉えたLamigo打線。


EOS_2382
EOS_2384EOS_2389
まず一死2塁から陳俊秀のタイムリーで先制すると、
EOS_2445EOS_2451
朱育賢の内野ゴロで1点を追加した後、
EOS_2477EOS_2483
郭嚴文の2ランも飛び出して一挙4点を奪い、早々に黃恩賜をマウンドから引きずり下ろします。

3回にも、
EOS_2742EOS_2477EOS_2785
EOS_2786EOS_2739EOS_2868
EOS_2873EOS_2876EOS_2880
EOS_2892
EOS_2804
EOS_2967EOS_2966
誰が何を打ったか忘れてしまうくらいの猛攻で一挙7点を奪い、
EOS_2923
11-0という圧倒的な大差をつけて、試合を決定づけた…と、誰もが思ったはず。


「はず」と書いたということは、このままで終わらなかったのです。



続きを読む

食って見て揉まれて桃園へ〔4〕〜痛いの痛いの飛んでいけ〜

さて、腹を満たしたのは良いのですが、実は朝から首が酷く痛んでおりまして。
ホテルの枕が合わなかったのか?と思ったのですが、どうやらそれに加えて台風による気圧低下原因の首痛もあったようで、とにかく歩くのも辛くなってきたのです。

で、当初は帰国直前に行くつもりだった、
IMG_4544
「台北地下街の盲人マッサージ」こと、「真好盲友按摩站」に急遽駆け込むこととなりました。

続きを読む

食って見て揉まれて桃園へ〔3〕〜当ては外れどまた食うよ〜

中正紀念堂から淡水信義線(Red Line)で東門へ向かいます。

そして歩いて約4分。
IMG_4526
目指していた小籠包の店「好公道」に着きましたが、どうも様子がおかしい…

よく見たら

IMG_4527
休業?


「6日も休むってことは、社員旅行じゃない?」とは相方の弁。
台湾の企業には今もなお、大中小問わず社員旅行の文化が根付いているそうで、行先によって企業力が判ったりするんだとか。相方曰く、行先は「金のあるところはディズニーランド→USJ、ないところは九州・沖縄、もっとないところは台湾国内」なんだそうです。

ともあれ、開いてないものは仕方ない。
でも腹は減っているので、とりあえず周辺を歩くことにしました。

続きを読む

食って見て揉まれて桃園へ〔2〕〜見てみたけどさぁ…〜

IMG_4478
普段の我々の旅に「観光地巡り」という概念が殆どないもんで、所謂メジャーな観光名所に行くのも随分久し振りのような気がしております。
「中正」とは、中華民国総統にして国民党総裁だった蔣介石の本名。(※台湾では本名の「蔣中正」で呼ばれることの方が多いようです。)
没後、全国民の哀悼の意を表するという目的で建設されたのが、この中正紀念堂なんだそうです。

1階ホールでは、蔣介石の生涯をたどる展示物が多数あり、中には本人が笑顔で出迎える(!)執務室なんてのも。

でも、ここで見逃せないのは、毎正時に行われる衛兵交代式。
丁度いい時間帯だったので、我々も式が執り行われる4階の大ホールに向かったのでした。


続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド