野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

職業野球

期待に反して(11/11 MEX-TPE)

EOS_8162
11月11日 ZOZOマリンスタジアム 2,803人
WBSCプレミア12スーパーラウンド GAME19
TPE|000 000 000=0
MEX|000 011 00X=2
【勝】Reyes  1勝 0敗 0S
【S】Bustamante 
 0勝 0敗 1S
【敗】江少慶  1勝 1敗 0S
◆本塁打
MEX:Solis2号ソロ(5回/江少慶)
長いことこのブログを読んでくださっている方ならお気付きかと思いますが、ワタクシが中華職棒(CPBL)の沼に嵌るきっかけとなったのが、プレミア12。
4年に1度の開催で今回が2回目となるのですが、グループリーグの日台戦を観に台中まで行こうかな、なんて阿呆なことを画策したのも束の間。
チケットは発売開始1時間でSOLD OUTするという大盛況ぶりであっさり断念せざるを得ませんでした。

こうなったら「TEAM TAIWAN」が日本にやってくるのを願うしかないと思い、グループリーグ突破をひたすら祈っていたところ、願掛けの効果の程はさておき見事にグループリーグ2位通過を決めました。

満を持して内野のチケットを手配し、中華隊専属チア「CT-Girls」も含めた啦啦隊(応援団)御一行様の来日を心待ちにしていたのですが…

EOS_8135
外野!?

もちろん、CT-Girlsの姿はありません。
それどころか、CPBLの4球隊の啦啦隊長の姿も見当たらず。

…うーん、完全に目論見が外れました(苦笑)

因みに台湾からやってきた人々も大半が内野に陣取っていましたので、応援席の位置ぐらいはアナウンスしてもらった方が良かったと思います。(サイトの記載を見落としていただけかもしれませんので、あまり強くは言えんのですが…まさかNPBのレギュレーションでやるとは思いませんでした。)


ま、恨み節ばかりも言っておれんので…試合の話しましょうか。



続きを読む

振替の“劇”闘(9/19 DB-C)

EOS_6626
9月19日 横浜スタジアム 29,703人
25回戦 DB13勝11敗1分 
C|301 030 010 00 =8
DB|000 007 010 03X=11
【勝】三 嶋 5勝 3敗 0S
【敗】今 村 3勝 1敗 1S
◆本塁打
C:鈴木 28号2ラン(3回/今永)、長野 5号3ラン(5回/今永)、會澤 12号ソロ(8回/国吉)
DB:ソト 41号3ラン(6回/床田)、梶谷 5号満塁(6回/床田)、ソト 42号3ラン(11回/今村)
近年、チケット争奪戦が激化して、昔みたいにひょっこり行くのがままならなくなった横浜スタジアム。
そんなハマスタに行くことになったのは、たまたま前日(9/18)、所沢に向かっている道中でベイスターズから「雨天中止・振替は明日(9/19)」のメールが飛んできたのが事の発端でした。
「雨天中止の翌日振替ならスカスカやろ」と、ベイスターズのチケットサイトを覗こうと思ったら…

繋がりゃしないw

あまりの人気ぶりに、こっちも変な闘争心に火がついてしまいまして(苦笑)
何とか、ベイサイド(1塁側)のFA席を確保できた次第だったのです。


続きを読む

嗚呼、哀愁の馬鹿試合(9/4 Lamigo-中信兄弟)

IMG_0471
9月4日 桃園國際棒球場 3,278人
下半期14回戦(GAME203) Lamigo5勝9敗(通期:15勝19敗)
中信兄弟|000 804 030=15
Lamigo|407 010 110=14
【勝】陳柏豪  1勝 1敗 0S
【S】李振昌  2勝 1敗 6S
【敗】黃子鵬  4勝 5敗 3S
◆本塁打
中信兄弟:藥匕 21号2ラン(4回/尼克斯)、王威晨 1号3ラン(4回/尼克斯) 
Lamigo:郭嚴文 12号2ラン(1回/黃恩賜) 、藍寅倫 10号3ラン(3回/官大元)、 陳俊秀 20号ソロ(8回/鄭凱文)

試合は初回から打撃戦の様相を見せます。


EOS_2341
中信兄弟の先発・黃恩賜の立ち上がりを捉えたLamigo打線。


EOS_2382
EOS_2384EOS_2389
まず一死2塁から陳俊秀のタイムリーで先制すると、
EOS_2445EOS_2451
朱育賢の内野ゴロで1点を追加した後、
EOS_2477EOS_2483
郭嚴文の2ランも飛び出して一挙4点を奪い、早々に黃恩賜をマウンドから引きずり下ろします。

3回にも、
EOS_2742EOS_2477EOS_2785
EOS_2786EOS_2739EOS_2868
EOS_2873EOS_2876EOS_2880
EOS_2892
EOS_2804
EOS_2967EOS_2966
誰が何を打ったか忘れてしまうくらいの猛攻で一挙7点を奪い、
EOS_2923
11-0という圧倒的な大差をつけて、試合を決定づけた…と、誰もが思ったはず。


「はず」と書いたということは、このままで終わらなかったのです。



続きを読む

天使の微笑み(9/3 富邦悍將-統一)〔後編〕

コンコースで食糧を調達しますが、特徴的なのはお茶。
IMG_4435IMG_4434IMG_4436
珍珠奶茶(タピオカミルクティー)を始めとして、街中のティースタンドで売っているようなお茶が、50元(≒170円)と、街中と大して変わらない価格で買えます。
そんなわけで「タピ活」に勤しむことにしましたが…1日1杯が限界ですわw

で、食事のラインナップもいろいろありますが、基本はライトミール。
IMG_4437
んなもんで、今回はピザを選択。
「15分くらい掛かる」とのことですので、恐らく場内で焼いているんだと思います。

EOS_1308
ピザを待っている間に、高國慶のタイムリーで統一が1点を追加し、点差を2点に拡げます。

15分後。
ピザが焼きあがりましたが、最前列の自席まで戻るのが面倒くさかったので、後列の空席に座ってぼんやり試合を眺めながら食べる事に致します。

IMG_4439IMG_4438
相方が別に買ってきたナチョスとともに…完全にメタボ飯ですわw

ピザですが、チェーン店の割には非常にしっかりした作りで、先日食した所沢の「L‘s CRAFT」のピザと遜色ない感じでした。(もっちり系のL’s CRAFTに対して、こちらはクリスプ感が強いですが。)
因みにお値段は129元(≒439円)…やっぱり食事は安いですわ。

…と、食べる方に集中していたところ、
EOS_1309EOS_1315
林益全の2ランが飛び出して富邦が同点に追い付きます。

EOS_1360EOS_1365
続く6回には胡金龍のタイムリーで再び勝ち越した富邦。
スタンドにFubon Angelsが戻ってきて、終盤に突入します。


続きを読む

天使の微笑み(9/3 富邦悍將-統一)〔前編〕

FullSizeRender
9月3日 新莊棒球場 3,089人
下半季14回戦(GAME201) 富邦悍將 8勝6敗(※2019通期:17勝17敗)
統  一|003 010 001 =5
富邦悍將|200 021 001X=6
【勝】陳鴻文 5勝 0敗 17S
【敗】劉軒荅 3勝 1敗 0S
◆本塁打
富邦悍將:林益全22号2ラン(5回/亞力克)、 胡金龍12号ソロ(9回/劉軒荅)
席に着いて落ち着く間も無く、試合は始まります。

IMG_4433
今回取った席は最前列。
目の前にFubon Angelsがやって来るという、ある意味特等席。
普通にチアだけを撮るのなら何の問題もないんでしょうが、試合とチアの両方を撮るワタクシにとっては少々しんどい席だったのです。

だって、
EOS_0431
28mm(※ワタクシ使用の機材はAPS-C機なので、35mmフルサイズで44.8mm相当)でこの距離感、
EOS_0465
75mm(※同・120mm相当)でこれですよ。

望遠レンズなら、焦点距離が短い方の100mm(※同・160mm相当)
EOS_0574
こんなんになりますから、いつものように望遠で全てを賄うのは非常に難しい状況。ということで、レンズ取っ替え引っ替えで臨むことになってしまいました。

…まあ、贅沢な悩みではあるんですが(^^;

続きを読む

癒し処マリン(8/23 M-H)

EOS_9272
8月23日 ZOZOマリンスタジアム 27,889人
19回戦 M13勝6敗
H|000 000 000=0
M|010 000 02X=3
【勝】ボルシンガー 4勝 4敗 0S
【S】益   田 3勝 4敗 21S
【敗】千   賀 11勝 6敗 0S
◆本塁打
M:井上 21号2ラン(8回/千賀)

直近で色々あり過ぎて正直気が滅入りつつあったので、気分転換というか現実逃避というか…丁度TEAM26特典の招待券が残っていたもんで、マリンに足を運ぶことしたのですが、着いた途端に大粒の雨w

夕方には天候は回復するような予報でしたが、まともな雨装備をしてなかったこともあって、
EOS_9289
EOS_9296EOS_9329
EOS_9338
席は屋根付きの2階席を選択したのでした。

EOS_9355EOS_9385
先発はMボルシンガーにH千賀。
投手戦が予想される中、1回の表裏の攻撃を見届けて、コンコースへと向かいます。


続きを読む

第15期竜鴎戦三番勝負・第3局(6/17 M-D)〜第三者は至って気楽です〜

IMG_0199
6月17日 ZOZOマリンスタジアム 12,278人
3回戦 M1勝2敗
D|000 401 000=5
M|020 000 200=4
【勝】ロメロ 4勝 5敗 0S
【S】R.マルティネス 0勝 3敗 2S
【敗】中村稔 0勝 1敗 0S
◆本塁打
M:中村奨 9号2ラン(2回/ロメロ)
このカード、「チア・マスコット交流」という点では「伝統の一戦」だったりするのですが、今回は雨天中止の振替で、ドアラ先生もチアドラの皆さんも名古屋に帰ってしまったということもあって、非常にのんびりとした雰囲気。完全に普通の平日の試合です。
そんなこともあってか、試合前のグリーティングも非常にまったり。
IMG_0193IMG_0194IMG_0195
リーンちゃんにはいつも通り「別れたの?」と聞かれるもんだから、つい面倒くさくなって「別れたよ!」なんて言ってしまったら、ちょっと真に受けられてしまった感じ。一応否定しときましたけどw

IMG_0198
マー様には例の貢ぎ物の経過報告を行った上で、「明日から広島行って神宮なんだよね。神宮…神宮…w」と、大事なことなので3回繰り返したら、ど突かれましたw

IMG_0196
ズー様は、珍しくこんな綺麗なショットを撮らせてくれたかと思ったら、そのままつかつかつかつかと攻め寄ってきますw

まあ、着てたTシャツが先日の台湾土産のLamigoTシャツということもあって、
IMG_0197
自身のパーカーのロゴを指差し「なんでM印のウェアを着ないんだ?」というお叱りだったようなのですが、一応ここも「Monkeys」だし、M印には違いないのですがw


続きを読む

はじめての台南市立棒球場〔後編〕(6/5 統一-Lamigo)〜暑さユルさでKnock out〜

IMG_0115
6月5日  台南市立棒球場 3,011人
前期14回戦(GAME102) 統一5勝9敗
Lamigo|400 001 120=8
統   一|000 000 000=0
【勝】尼克斯 6勝 3敗
【敗】瑞 安 3勝 1敗
◆本塁打
Lamigo: 林泓育10号ソロ(7回/江承峰)、陳晨威5号ソロ<※ランニングHR>(8回/黃竣彥)
チーム名の表記はおろか、メンバー欄もないスコアボード。
中華職棒の予備知識が全くないまま観てしまうと、誰が誰だかさっぱり解らんような状況に追い込まれます。(直接聞いてはいませんが、恐らく相方はそのクチだったかも。)

因みに統一の攻撃時は選手紹介の画と応援歌の歌詞がビジョンに出ますけど、この辺の環境は、正直他のフランチャイズ(桃園・新莊・台中洲際)と比べると激しく見劣りするのは否めませんね。


さて、肝心の試合ですが、初回から大荒れの展開。
EOS_6203
統一先発・瑞安(Ryan Verdugo)の立ち上がりを捉えたLamigo打線。

無死から
EOS_6231EOS_6233
藍寅倫のタイムリーで先制すると、一死の後
EOS_6251EOS_6255
陳俊秀のタイムリーでもう1点。
続く朱育賢のライト前ヒットで一死満塁としたところで、
EOS_6296
郭嚴文のセンターフライと思われた打球を
EOS_6302
レフトが深追いして撮れず、
EOS_6306
これがタイムリーとなってもう1点追加。
EOS_6329
EOS_6331EOS_6332
さらに林立の犠牲フライもあり、
EOS_6377
いきなりLamigoが4点を先制して試合の主導権を握ります。

続きを読む

変則ダブルヘッダー・第2試合(5/18 S-DB)

IMG_0081
5月18日  明治神宮野球場 30,463人
8回戦 S3勝5敗
DB|102 030 500=11
S|000 300 300=6
【勝】上茶谷 4勝 1敗
【敗】石 川 3勝 1敗
◆本塁打
DB:ソト 12号2ラン(3回/石川

S:村上 11号3ラン(4回/上茶谷)、バレンティン 9号2ラン(7回/エスコバー)
てなわけで、一旦退場して「第2試合」の入場券を仕入れるのですが、持っていた外野席引換券で交換できる残数が殆どないらしく、係員の兄さんからアップグレードを勧められたもんで、一番残席のあったS席にすることに。
引換券は新橋の金券屋で処分価格で仕入れたもんですから、アップグレード料金を含めても正規料金よりはだいぶ安く手に入りました。
ただ、今はまだ良くても、6月施行の通称・チケット不正転売禁止法(→高額転売禁止)の影響が金券屋周りにどう出るか、ちょっと気になるところです。

話戻して。
で、再び入場しましたが、「第1試合」の項でも触れた通り、ものの20分も経たないうちに場内が「プロ仕様」に変化していたのにはびっくり。長年蓄積されたノウハウがあるとはいえ、やっぱり速いですよ。六大学の観客が残したゴミも相当あったはずなのに、一掃されているんですから。

アサインされた席は列の中央。簡単に出入りできそうにないので、ささっと飲食物を仕入れて“軟禁”に備えます。

EOS_4633EOS_4641
この妙なスリーショット。
EOS_4647
やっぱりスペイン語で話してるんでしょうかね?

その、マルチリンガルな?つば九郎先生の「今日のひとこと」も、
EOS_4660EOS_4661
EOS_4664EOS_4671
EOS_4674EOS_4676
EOS_4682
スーパーカラービジョンではなく「生」で押さえられる好位置。

EOS_4737
EOS_4757EOS_4760
EOS_4764
EOS_4768EOS_4773
EOS_4785
EOS_4804EOS_4808
EOS_4819
Passionとつばみさんのオープニングダンスも押さえ、試合開始を待ちます。



EOS_4835EOS_4844
EOS_4847
EOS_4889EOS_4867
…って、圧を掛けまくるのは相変わらずなんですなwww


続きを読む

本拠地巡礼2019・春〔5〕(4/4 Lamigo-富邦悍將)〜終わってみればいつも通りの…〜

IMG_0030
4月4日 桃園國際棒球場 8,689人
2回戦(GAME15) 1勝1敗
富邦悍將|000 010 100=2
Lamigo|100 030 32X=9
【勝】王溢正 1勝 0敗 0S
【敗】陳仕朋 0勝 2敗 0S
◆本塁打
富邦悍將:王正棠1号ソロ(5回/王溢正)
Lamigo:林泓育2号2ラン(7回/張竣龍)
8,689人という観客数。NPB基準では「閑古鳥が鳴くレベル」の入りかもしれませんが、CPBL基準では比較的入っている方ではないでしょうか。
IMG_3849
試合前のコンコースは身動きが取りにくいくらいの人だかり。
事前にネットで買っていた「Lamigirls観覧席(※)」もほぼぎっちり埋まっており、恐らく試合中は身動きが取れんやろなぁと思って、事前に食料調達をすることに。ここ暫く、桃園の球場飯も食うことがありませんでしたので、ホンマに久々です。

カウンターに指差しできるメニューがあるのを確認した上で、
IMG_3842
IMG_3844
こちらの店で「大聖牛腩飯」をドリンクセットで頼むことにしたのですが、悲しいかな、やっぱり発音がままなりません。
話せないのを察したカウンターの兄さんが即座に英語に切り替えてくれて、なんとか事なきを得たレベル。

てっきり「大聖牛腩飯」は日本で言うところの「ぼっかけ丼」やら「どて丼」に近い商品なのかなと思っていましたが、
IMG_3846
出てきたのは牛スネ肉とモツのカレーでした。(…単純にオーダー間違えただけ?)

でも、台湾の牛肉料理故に八角が効いているのがポイント。
最初はおやっ?と思いますが、次第にカレーの風味が勝ってくるので、普通に日本のカレーの感覚で食えます。(因みに日本統治時代の名残か、日式カレーを出す店はそこそこあるようです)
かといって、日本の球場メシのカレーを想像すると、良い意味で裏切られます。(これに近いクオリティーを持っているのは、神戸サブ球場で出張販売していた「おかもとのカレー」くらいでしょうね。あくまでもワタクシが実食した範囲での話ですが。)

続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド