野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

職業野球(国際試合)

期待に反して(11/11 MEX-TPE)

EOS_8162
11月11日 ZOZOマリンスタジアム 2,803人
WBSCプレミア12スーパーラウンド GAME19
TPE|000 000 000=0
MEX|000 011 00X=2
【勝】Reyes  1勝 0敗 0S
【S】Bustamante 
 0勝 0敗 1S
【敗】江少慶  1勝 1敗 0S
◆本塁打
MEX:Solis2号ソロ(5回/江少慶)
長いことこのブログを読んでくださっている方ならお気付きかと思いますが、ワタクシが中華職棒(CPBL)の沼に嵌るきっかけとなったのが、プレミア12。
4年に1度の開催で今回が2回目となるのですが、グループリーグの日台戦を観に台中まで行こうかな、なんて阿呆なことを画策したのも束の間。
チケットは発売開始1時間でSOLD OUTするという大盛況ぶりであっさり断念せざるを得ませんでした。

こうなったら「TEAM TAIWAN」が日本にやってくるのを願うしかないと思い、グループリーグ突破をひたすら祈っていたところ、願掛けの効果の程はさておき見事にグループリーグ2位通過を決めました。

満を持して内野のチケットを手配し、中華隊専属チア「CT-Girls」も含めた啦啦隊(応援団)御一行様の来日を心待ちにしていたのですが…

EOS_8135
外野!?

もちろん、CT-Girlsの姿はありません。
それどころか、CPBLの4球隊の啦啦隊長の姿も見当たらず。

…うーん、完全に目論見が外れました(苦笑)

因みに台湾からやってきた人々も大半が内野に陣取っていましたので、応援席の位置ぐらいはアナウンスしてもらった方が良かったと思います。(サイトの記載を見落としていただけかもしれませんので、あまり強くは言えんのですが…まさかNPBのレギュレーションでやるとは思いませんでした。)


ま、恨み節ばかりも言っておれんので…試合の話しましょうか。



続きを読む

台湾王者、「世界のロッテ」に再び屈す。(3/15 TLM-CLM)

EOS_8595
3月15日 ZOZOマリンスタジアム 約6,000人(観衆データ未公表)
Power Series 2019 in CHIBA 2回戦 CLM2勝
CLM|000 002 101 =4 
TLM|020 000 000 =2
   
(※特別ルール)
【勝】東 條
【敗】王溢正
◆本塁打
CLM:李杜軒ソロ(9
回/吳承哲)
先攻後攻が入れ替わった第2戦。
EOS_8674EOS_8599
マリーンズは開幕投手が決定している石川、Lamigoは新加入の李茲(Radhames Liz)の先発で始まります。因みにこの李茲、東北楽天にも在籍した経験がある(2016年)投手で、米韓日台の4ヶ国を渡り歩いております。

さて、前日とは打って変わって静かな立ち上がり。
EOS_8686EOS_8688
EOS_8664
EOS_8663EOS_8723
EOS_8728EOS_8730
…Lamigo 応援席は相変わらずの盛り上がりですがww

大荒れすることもなさそうということで、コンコースで色々やっておりましたら…

EOS_9037
Lamigoが2点先制してました。

「肝心なところを見落とす」という、野球観戦あるあるw
(※後で「パ・リーグTV」を見返してみたら、郭嚴文と陽耀勳のタイムリーだったようですね。)


続きを読む

直輸入の台湾棒球(3/14 CLM-TLM)

EOS_5829
3月14日 ZOZOマリンスタジアム 約5,000人(観衆データ未公表)
Power Series 2019 in CHIBA 1回戦 CLM1勝
TLM|010 002 000 =3
CLM|413 200 102=13
   (※特別ルール)
【勝】岩 下
【敗】葉家淇
◆本塁打
TLM:林泓育ソロ(2回/小島)
CLM:岡ソロ(1回/葉家淇)
【お断り】
※桃園開催の日台交流戦のチーム表記は台湾式にしていましたが、今回はマリン開催ということもあってアルファベット表記に致しました。ただ略記が被るため、地域名を含めた3レター(「Taoyuan Lamigo Monkeys」「Chiba LOTTE Marines」)で記載しております。

EOS_5902
「コジマじゃないよ、オジマだよっ!!」で売り出し中のルーキー・小島(早稲田大)の立ち上がりは非常に見事な三者斬り。
 
EOS_5935
対して、Lamigo先発の葉家淇は…

EOS_5944-a
僅か一球で失点w

EOS_5951EOS_5958
岡大海の先頭打者弾。
これが、文字通りの号砲となりました。


続きを読む

また行く台湾〔4〕(11/9 千葉羅-Lamigo)〜世界のロッテ、台湾最強に勝つ〜

EOS_0610
11月9日 桃園國際棒球場 (※観衆データ不明。約3,000人?)
桃園最強Power Series2018第1戦 羅1勝
Lamigo|000 010 000=1
千葉羅|221 100 00X=6
【勝】二 木
【敗】蘇俊羽
◆本塁打
Lamigo:林泓育ソロ(5回/二木)

EOS_0600
所謂「花相撲」ではありますが、2日前に福岡で開催された侍JAPAN対台湾代表の試合でクリーンアップを打った陳俊秀や林泓育、朱育賢がそのままの並びで普通に出場するなど、野手陣はほぼレギュラークラスを用意したLamigo。他方、マリーンズも公式戦並みとはいかないまでも、「来季を見据えた」
(井口監督談)というラインナップ。

EOS_0634EOS_0637
EOS_0654EOS_0663
…あ、勿論Lamigirlsも通常営業ですw


EOS_0673EOS_0739
ということで、二木と蘇俊羽の先発で「台湾最強(※CPBL4期連続優勝)」対「世界のロッテ(※PBL5位)」の試合が始まったわけですが…


マリーンズ、普通に強いやん!!!

続きを読む

禁断症状発症〜偏屈者は三塁側へ〜(11/18 TPE-JPN)

IMG_7522
11月18日 東京ドーム 35,473人
アジアプロ野球チャンピオンシップ予選 GAME3
JPN|001 020 311=8
TPE|000 000 002=2
【勝】今 永
【敗】林政賢
◆本塁打
TPE:朱育賢ソロ(9回/平井)


元々は行く気なかったんですよ。
でも、前週の桃園の盛り上がりっぷりを見て、「あのスタンドの雰囲気をもう一度!」ってな気分になりましてね。
帰国後チケットサイトを確認してみると、幸いにして「チア応援シート」なる席がまだ残っていたもんで、速攻で押さえた次第でした。

あ、席はもちろん三塁側です(笑)


そして迎えた当日。
マリーンズとの「亞冠熱身賽」開催前に陣容は発表されていましたが、
IMG_7517
台湾からCPBLの各球団のチアの代表4名(4球団×各1名)と、「CPBL Baseball Girls」(中華隊専属チア)の代表4名、応援団長2名(中信兄弟と統一より)が乗り込んできました。
(因みにこのフォーメーションは、12日の対マリーンズ3戦目で初お披露目となったようでした。)

IMG_7854IMG_7702
まー、相も変わらずお綺麗なこと。
IMG_8427IMG_8443
IMG_8514IMG_7852
当然の如く?撮り倒します。

で、試合の方はと言いますと…
続きを読む

亞冠熱身賽・第2戦(11/11 中華代表-千葉羅)〔後編〕

IMG_6169
11月11日 桃園國際棒球場 7,319人
APBC強化試合2回戦 羅2勝
千葉羅|051 000 00X=6
中華代表|000 400 000=4
【勝】藤 岡
【S】益 田
【敗】林樺慶


IMG_6184IMG_6207
予告されていた先発は、台湾隊が林樺慶(Lamigo)に、マリーンズが佐々木千隼。
(※なお、中国語には「踊り字」が存在しないので、スコアボードの表記は「佐佐木」となります。)

初回は綺麗に0でまとまったものの、2回にマリーンズ打線が爆発!
…というか林樺慶が炎上したと言う方が正確ですねw

IMG_6374IMG_6375
二死満塁の場面で、柿沼に押し出しの四球を与えてMが先制すると、
IMG_6384
IMG_6388IMG_6397
IMG_6413-a
続く荻野貴司が走者一掃の二塁打を放って3点追加。
暴投(荻野三進)と四球で二死1・3塁とし、
IMG_6443
IMG_6446IMG_6448
角中のタイムリーでさらに1点を追加。

IMG_6561
IMG_6565IMG_6568
3回にも柿沼の犠飛で1点加え、6点の大量リードを奪います。

サンドバッグのように殴られっ放しだった台湾隊ですが、4回に打線が漸く繋がります。
IMG_6760
IMG_6763IMG_6769
一死満塁から嚴宏鈞(Lamigo)のライト前タイムリーでまず2点を返すと、
IMG_6783IMG_6788
吳念庭(埼玉西武)と
IMG_6804IMG_6808
陳傑憲(統一/岡山共生高出身)という、日本に縁のある2人の連続タイムリーで2点差に迫ります。
これまでの拙攻でフラストレーションが溜まっていたかどうかは判りませんが、内野スタンドは優勝決定戦のような大盛り上がり。

IMG_6832IMG_6836
続く陳子豪(中信兄弟)を三振に仕留めたところで佐々木はお役御免。
尚も1・3塁という状況で迎えるは、4割男の「世界の大王」王柏融(Lamigo)。
IMG_6855
所属の枠を超えて富邦の嗆司曲(チャンステーマ)「GO富邦悍將
が流れ、ボルテージは最高潮に。
(↑この状況を日本風に置き換えようとしてもなかなか上手い例えが見つかりませんが、異論反論を承知の上で強引に例えると、日本代表戦に於いてホークス・柳田悠岐の打席でカープの「飛ばすチャンス」が流れるようなもんでしょうか。)

IMG_6857
しかし、ここは替わった成田が
IMG_6866
三振斬り。
2点差のまま、後半に入っていきます。


が。

試合が動く気配がありません。
中華隊は前日に引き続き、1イニング毎の細切れ継投。
マリーンズも5回から
IMG_6899
藤岡が3イニングスを投げ、
IMG_7144
松永→
IMG_7216
益田と繋いで
IMG_7252
ゲームセット。

仕方がないので、
IMG_7050IMG_7057
IMG_7072IMG_7080
我慢出来ずに撮りに行ったLamigirlsの写真を…
って、前日と全く同じ展開www
続きを読む

亞冠熱身賽・第1戦(11/10 千葉羅-中華代表)〔後編〕

IMG_4529
11月10日 桃園國際棒球場 5,861人
亞冠熱身賽第1戦 羅1勝
中華代表|010 000 000=1
千葉羅|301 020 00X=6
【勝】関 谷
【敗】陳冠宇
◆本塁打
羅:井上3ラン(1回/陳冠宇)


予告されていた先発はマリーンズが二木、中華代表がオーバーエイジ枠で選出された陳冠宇(千葉羅)。

IMG_4560
上々の立ち上がりを見せた二木に対し、
IMG_4654
チームメイト相手に投げづらかったのかどうかは知りませんが、早々に陳冠宇がマリーンズ打線に捕まります。
一死1・2塁の場面で迎えた打者は、4番の「アジャ」井上晴哉。
IMG_4712
2-2からの5球目を豪快に振り抜き…
IMG_4714IMG_4724
IMG_4733
打球はそのままスタンドイン。
豪快に叩き込む3ランで、マリーンズが先制します。


続きを読む

アジアゲートウェイ交流戦2017(2/11 千葉羅徳-Lamigo)〔5〕〜試合経過〔後半〕〜

IMG_8224IMG_8234
IMG_8244IMG_8273
IMG_8276IMG_8296
グラウンド整備の合間に行われるコラボダンス第二弾は、新石垣空港開港PRソング「おかえり南ぬ島/ビギやま商店」。曲の選定からして、レアすぎますw

レアな光景ついでに、スタンドの話も少々。
後方通路はいろんな方が行き交っておりました。
後半殆ど出番のないこなつお姉さんは「今日は時間があるので」とじっくり試合を観戦しております。
山室球団社長はひっきりなしにスタンドを巡回していましたが、彼を社長と知らない台湾YOUが写真撮影(シャッター押し)を頼んでも、嫌な顔一つせずに対応していたのが非常に好印象でした。
で、その写真の被写体の片割れだった猿氣小子は
IMG_8473-a
ニコニコ動画の中継実況席に座って、解説の立川隆史さんとなんか話してた…のかな?(※この辺の情報はMさん提供) 絵面がなんともシュールですw

で、マー様はというと…
続きを読む

アジアゲートウェイ交流戦2017(2/11 千葉羅徳-Lamigo)〔4〕〜試合経過〔前半〕〜

IMG_7800
2月11日 石垣市中央運動公園野球場 約1,500人(※キャンプ訪問者公式発表:3,500人)
アジアゲートウェイ交流戦1回戦 LM1勝
LM|002 000 035=10
CLM|000 030 100=4
【勝】游宗儒
【敗】 原
◆本塁打
LM:林政億2ラン(3回/大嶺祐)、王柏融ソロ(8回/原)、王柏融2ラン(9回/黒沢)
CLM:平沢ソロ(5回/林樺慶)、三木ソロ(7回/鄭佳銘)


IMG_7805IMG_7890
当然の如く、スタメンにはご当地の大嶺兄弟が名を連ねます。
一方のLamigoのスタメン、ワタクシが知っている選手は「4割男」の王柏融、かつてホークスで投げていた陽耀勲ぐらいでして、大半が初見の選手。
しかしながら、応援席に入れなかった日本人のLamigoファンの方々は、ごくごく普通に応援曲に合わせてチャントや振りを入れています。どの世界にも極める方というのはいらっしゃるもんですね。

で、今回着用のLamigoのプレシーズン専用ユニフォームというのが、バックネームがニックネームになっているもんだからさあ大変。
何が大変かって、選手名覚えられないんですわ(苦笑)

IMG_7899
王柏融の「大王」や
IMG_7963
陽耀勲の「小勲肝」というのはまだいいとして、
IMG_7976
「誰是大炮」(劉時豪)やら
IMG_8026
「正義使者」(林政億)に至っては、もう何のこっちゃらという世界。

続きを読む

そして私はここに来た〔下〕(11/15 KOR-USA)

IMG_2111
11月15日 台北市天母棒球場 2,000人
WBSCプレミア12 グループリーグB GAME27
USA|000 020 000 1=3
KOR|000 002 000 0=2
(※10回よりタイブレーク制)
【勝】Simmons 1勝 1敗 0S
【敗】禹 奎   0勝 1敗 0S

台北駅(台北車站)からMRT2号線で約12分。故宮博物院最寄りの士林駅の隣駅である芝山駅が、天母棒球場の最寄駅。
そこからバスが出てると聞いていましたが、乗り場が判らず右往左往。
こういう時は大概「同族」の後を付いていけば何とかなる!というのが鉄板。
そこで、SKワイバーンズのユニを着たお兄さんたちの後に付いて行くことにしたのですが、なんと彼らはタクシーを拾うではありませんか。

…完全に当てが外れました(^◇^;)

待てど暮らせどそれっぽいバスは来ず。
仕方がないので我々もタクシーを使うことに。
途中、渋滞にはまったものの所要時間は約10分でNTD160(≒600円)。

ということで
IMG_2106
着きました。

IMG_2107
NTD300(≒1,125円)の自由席券を求め、スタンドへ。
続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド