野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

野球のおはなし

春過ぎて…

6月19日。
IMG_0819
不完全な状況ではあれど、無事にNPBが開幕出来ました。

IMG_0821
開幕戦は山岡が7回1失点の好投を見せるも、8回に救援陣が大崩壊。
一挙8点も奪われるという体たらくで、9年連続の開幕敗戦。

続く2戦目は、11安打を放ちながらも1点しか奪えず、最後は延長10回に中川のタイムリーエラーで決勝点を奪われるという、なんとも嫌な負け方。

そして3戦目。
山本由伸が8回を3安打無失点に抑える「期待通りの」好投を見せ、打つ方ではTさんが「2シーズン振りの」猛打賞&「昨シーズンの記録に並ぶ」2打点を挙げる活躍で、今季初勝利を飾りました。


ところが…


続きを読む

Pre Open

6月19日の開幕に向け、本日から「練習試合」がスタート。

Bsは京セラでホークスとの対戦でございましたが…続きを読む

開幕までの「長く険しい途」

久々に書きます。


ほんの数日前に「6月開幕絶望か」なんて言われていたのですっかり諦めていたのですが、突然

 6月19日開幕へ、なんて話が出てきてちょっとびっくりしております。

「何でまた6.19?」と思ったら、当初予定では交流戦後のリーグ戦再開日だったんですね。
東京五輪延期で空いた7月に予定を突っ込んで、125試合を消化させる計画のようですが…さてどうなることやら。

続きを読む

球春(はる)がきた。

EOS_2587
約ひと月遅れで、やっと球春が到来しました。

勿論、日本の球界の話ではありません。
新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的大流行さえなければ、現地で観ていたはずの中華職棒です。

本来なら11日の土曜日に、前年チャンピオンのLamigo改め樂天桃猿と中信兄弟の試合(@桃園)で幕を開ける予定でしたが、惜しくも雨天中止。
翌12日は桃園で樂天桃猿と富邦悍將、台中洲際で中信兄弟と統一の試合が組まれていましたが、桃園が前日に引き続き雨天中止となったため、全世界レベルでの「プロ野球2020シーズン開幕戦」は、
IMG_4151
(※2019年6月撮影)
台中の試合となったのでした。


続きを読む

球春(はる)はまだか

EOS_1728EOS_1725EOS_1723
昨日は季節外れの寒波が到来したとはいえ、世の中すっかり桜の季節となりましたが、新型コロナウイルス感染の勢いは止まりません。

諸々の事情や背景はどうあれ、
IMG_4790
東京オリンピックの延期が発表された3月24日以降、感染者が急激に増大しています。


著名人でも志村けんさんの発症公表に始まり、球界でも現役選手(T藤浪、伊藤隼太、長坂)の感染が明らかになりましたし、海外に目を向ければ、イギリスのチャールズ皇太子やジョンソン首相も陽性反応が出るなど、最早いつ誰が発生してもおかしくない状況になっております。


そんな中、

楽天球団はチームの当面の活動休止を発表。
社会情勢を鑑みれば、致し方のない判断だと思います。

ただ、これで現在の目安とされている4月24日開幕がさらに遠のいたような気がします。




続きを読む

開幕延期

新型コロナウイルス感染拡大防止の影響があちこちに出ております。

3月10日現在で、野球を除く高校スポーツの各種選抜大会はすべて中止。
Jリーグ、Bリーグは公式戦延期。
大相撲春場所は無観客開催。
そして、NPBにおいてもオープン戦は無観客で実施されていましたが、

遂に公式戦開幕も延期になることが正式決定されました。

ワタクシ個人の話になりますが、元々3月20日の開幕戦は物理的に観戦不可だったものですから、実は3月14日に開催される中華職棒の開幕戦を観に行こうと画策しており、既に航空券と一部ホテルの手配を済ませておりました。

ところが2月24日。続きを読む

キャンプ見学の目的とは?〜本末転倒のキャンプ見学ァ

ブルペンを後にしたところで、タクシーとすれ違いますが、そのタクシーにはアダム・ジョーンズの姿が。
やるべき「仕事」を終えたらちゃっちゃと引き上げる辺りに、メジャーのスタープレイヤーの風格を感じましたが、恐ろしいのはその姿に誰も気付かなかったこと。
前日までなら、おそらく黒山の人だかりが出来てたんではないかと思うのですが…そう考えると、まだまだ「未知の病」である、新型コロナウイルスの影響は計り知れないですね。収束の目処は立つんでしょうか?
続きを読む

静かな静かな山の午後〜本末転倒のキャンプ見学ぁ

昼飯を食べた後、第二球場で行われていた紅白戦に…は行かず、そのまま場内を散策します。

練習メニューの都合もあるとはいえ、
IMG_4767
いつもならそれなりに人だかりの出来ている日向夏ドーム(室内練習場)の前も、
IMG_4769
サイン収集スポットとして(その筋には)有名な、室内練習場と多目的練習場の間の通路もガラガラ。

IMG_4763
これの影響であることは間違いないのですが、それにしてもあからさま過ぎます(苦笑)

続きを読む

清武も今日は寒かった〜本末転倒のキャンプ見学〜

翌日。好天に恵まれた清武総合運動公園。


場内各所に

IMG_4763
「御触れ」が出されており、グッズショップも
IMG_0576
色紙にサイン用ボールなど、サイン収集用グッズが軒並み販売中止となる異常事態。

これ、キャンプ限定デザインのやつの在庫はどないすんやろ?

ついつい要らん心配をしてしまいます。


EOS_0074
ひとまず、メイングラウンドであるSOKKENスタジアムに張り付きます。
続きを読む

サイン求めて三千里〜本末転倒のキャンプ見学◆

そうこうしているうちに雨は止み、温かな日差しも出てきました。

IMG_0586IMG_0587
IMG_0558
選手もランチタイムを終え、続々と戻ってきます。

EOS_9915EOS_9919
しかし、グラウンドコンディションは不良のままですので、室内メインの練習メニューは変わりありませんでした。


そんな中、2軍の室内練習場方向に歩を進めると、

IMG_0580IMG_0583
IMG_0582
若手がわさわさと「坂路調教中」。

その中にはドラ1ルーキー・宮城大弥(#13)の姿もありました。


IMG_0584
それにしても、どう頑張っても現役の高校生には見えんよなぁ〜。
しかも右隣の中田惟斗(#003)は同級生で、左隣の松山真之(#008)に至っては一学年上ときたもんだ。

でも、野球するのに顔は関係ないですからね。
U-15、U-18と侍JAPANのユニに袖を通し、既にその名は野球殿堂博物館に記されている実力派左腕。まずは焦らずプロの身体作りに努めてほしいものです。


一方、一軍の室内練習場には

IMG_0588
「オリのカーテン」。

珍しく非公開練習が行われておりました。



投手陣は、10レーンあるブルペンを最大活用しての投球練習中でしたが、観客席入口前に黒山の人だかりができており、見学を断念。

毎年思うのですが、このブルペン付近の客導線はどうにかならんもんですかねぇ?


続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド