IMG_0199
6月17日 ZOZOマリンスタジアム 12,278人
3回戦 M1勝2敗
D|000 401 000=5
M|020 000 200=4
【勝】ロメロ 4勝 5敗 0S
【S】R.マルティネス 0勝 3敗 2S
【敗】中村稔 0勝 1敗 0S
◆本塁打
M:中村奨 9号2ラン(2回/ロメロ)
このカード、「チア・マスコット交流」という点では「伝統の一戦」だったりするのですが、今回は雨天中止の振替で、ドアラ先生もチアドラの皆さんも名古屋に帰ってしまったということもあって、非常にのんびりとした雰囲気。完全に普通の平日の試合です。
そんなこともあってか、試合前のグリーティングも非常にまったり。
IMG_0193IMG_0194IMG_0195
リーンちゃんにはいつも通り「別れたの?」と聞かれるもんだから、つい面倒くさくなって「別れたよ!」なんて言ってしまったら、ちょっと真に受けられてしまった感じ。一応否定しときましたけどw

IMG_0198
マー様には例の貢ぎ物の経過報告を行った上で、「明日から広島行って神宮なんだよね。神宮…神宮…w」と、大事なことなので3回繰り返したら、ど突かれましたw

IMG_0196
ズー様は、珍しくこんな綺麗なショットを撮らせてくれたかと思ったら、そのままつかつかつかつかと攻め寄ってきますw

まあ、着てたTシャツが先日の台湾土産のLamigoTシャツということもあって、
IMG_0197
自身のパーカーのロゴを指差し「なんでM印のウェアを着ないんだ?」というお叱りだったようなのですが、一応ここも「Monkeys」だし、M印には違いないのですがw


IMG_0214IMG_0200
 先発はDがエンニー・ロメロ(※単純にロメロと書くと、ウチの9番とごっちゃになりそうなのでw)に、Mはルーキーの左腕・中村稔弥(亜細亜大)。
不勉強なもので、マリーンズにもう1人中村姓の選手がいた事を知らなかったのですが、そもそも中村奨吾のスコアボード表記が「中村」のままなのがいけない(笑)

両者とも上々の立ち上がりを見せたのを見届けて、2回表終了後にコンコースへ向かいます。


珍しくマリーンズショップ前でグリーティングをしていたリーンちゃん。
他の方のグリがひと段落するまで待とうと思い、コンコースのモニターを見ていたら
IMG_0215
その中村奨吾のバックスクリーン直撃2ランでマリーンズが先制。

囲みも疎らになってきたので声を掛けようとしたところ、
IMG_0201
襲 撃

「ちゃんとマリーンズ応援してる?」という話から始まって、
モニターを指差し「先発の中村稔弥くんがいいからちゃんと見ときなさい!」と言うもんだから、
「確かにいいピッチャーだよね、で、益田(直也投手)は? 捨てたの?」とツッコミを入れたら、
「それはそれで、置いといて! 益田さんは別格なの!」と言うことらしいです。

で、斬るポーズを見せてくるもんですから、「他所のチームをバッサバッサ斬るって?…ウチは明日から水道橋で斬られるだろうからw」と返したところ、おもむろにコンコースの柱の方を向いて、柱にエア文字を書いていきます。

×…(´-`).。oO(×を3つ書いて、3タテ喰らえ、って事か?)


…?(´-`).。oO(ってことは、さっきのは「バツ」じゃなくて「メ」か。)


!?



FullSizeRender
おいwww

「それ以上は…シーッ!!」と、慌てて止めましたよ(苦笑)
(補足:詳細はこちらから)


で、スタンドに帰ってきたら、
IMG_0216
その中村が燃えかかっていました。
大島のタイムリーで1点を失い、続くビシエドには
IMG_0220
片手1本でレフトへ運ばれて
IMG_0221
同点に。

一死1・3塁となったところで、
IMG_0222
福田がセカンドに打ち上げてしまいますが、
IMG_0219
中村奨吾がまさかの落球。
インフィールドフライは宣告されていなかったため、一走を2塁で封殺する間に三走の生還が認められて、ドラゴンズが勝ち越し。
さらに
IMG_0223
IMG_0224
藤井がライトへ弾き返し、一塁から福田が戻ってきて差を2点に拡げます。


EOS_9877
6回にもビシエドのタイムリーで1点を追加したドラゴンズ。
EOS_9887
中村稔弥はここで降板。2巡目以降の対戦に課題を残した形となりました。

中村奨吾の2ラン以降、ロメロに抑え込まれていたマリーンズ打線でしたが、7回に
IMG_0225
IMG_0226IMG_0227
岡大海と
IMG_0228
IMG_0229FullSizeRender
荻野貴司のタイムリーで2点を返します。



そして、1点差で迎えた最終回。
IMG_0213
ドラゴンズはR.マルティネスが登板。
直近2試合で計1回6失点という炎上ぶりを見せており、この日もどうなることやと思ったら、
IMG_0212
IMG_0211IMG_0210
先頭・岡のツーベースと
IMG_0209
田村の犠打野選、田村の代走・三木の盗塁で無死2・3塁という、あと1本出れば逆転サヨナラという場面を作ってしまいました。

IMG_0208
しかし、荻野貴司は三振。
続く藤岡のショートゴロで
IMG_0207
岡がホームへ突っ込みますが、
IMG_0206
アウト。

なおも二死1・3塁というところで、打席には前日のサヨナラの立役者・鈴木大地。
2日連続のサヨナラ打に期待が掛かるところでしたが、
FullSizeRender
バットは空を切りゲームセット。


IMG_0205
…ドラゴンズファンはさぞかし胃が痛かった事でしょう。心中お察し申し上げます。


でも、第三者視点で観る分にはとても面白い試合。
FullSizeRender
贔屓チームの勝利を見届けた後とはまた違う爽快感をもって、球場を後にしたのでした。



…あ、今回はちゃんとハイタッチして帰りましたよ(笑)