IMG_0115
6月5日  台南市立棒球場 3,011人
前期14回戦(GAME102) 統一5勝9敗
Lamigo|400 001 120=8
統   一|000 000 000=0
【勝】尼克斯 6勝 3敗
【敗】瑞 安 3勝 1敗
◆本塁打
Lamigo: 林泓育10号ソロ(7回/江承峰)、陳晨威5号ソロ<※ランニングHR>(8回/黃竣彥)
チーム名の表記はおろか、メンバー欄もないスコアボード。
中華職棒の予備知識が全くないまま観てしまうと、誰が誰だかさっぱり解らんような状況に追い込まれます。(直接聞いてはいませんが、恐らく相方はそのクチだったかも。)

因みに統一の攻撃時は選手紹介の画と応援歌の歌詞がビジョンに出ますけど、この辺の環境は、正直他のフランチャイズ(桃園・新莊・台中洲際)と比べると激しく見劣りするのは否めませんね。


さて、肝心の試合ですが、初回から大荒れの展開。
EOS_6203
統一先発・瑞安(Ryan Verdugo)の立ち上がりを捉えたLamigo打線。

無死から
EOS_6231EOS_6233
藍寅倫のタイムリーで先制すると、一死の後
EOS_6251EOS_6255
陳俊秀のタイムリーでもう1点。
続く朱育賢のライト前ヒットで一死満塁としたところで、
EOS_6296
郭嚴文のセンターフライと思われた打球を
EOS_6302
レフトが深追いして撮れず、
EOS_6306
これがタイムリーとなってもう1点追加。
EOS_6329
EOS_6331EOS_6332
さらに林立の犠牲フライもあり、
EOS_6377
いきなりLamigoが4点を先制して試合の主導権を握ります。

EOS_6379
一方のLamigo先発の尼克斯(Michael Nix)。
こちらは非常にテンポの良いピッチングで、統一打線に付け入る隙を与えません。

EOS_6501EOS_6354
EOS_6469EOS_6366EOS_6523
EOS_6473
Uni-Girlsを撮り、
EOS_6611
マスコットの萊恩を撮り、
EOS_6657
上空を通る戦闘機を撮り損なっているうちに、
回は進んでいきます。


EOS_6428
EOS_6704EOS_6709
6回にLamigoが柏納帝那(Roger Bernadina※3月末から半月だけBCリーグの石川ミリオンスターズに在籍していました)のタイムリーで1点を追加し、
7回には
EOS_6921EOS_6925
林泓育のバックスクリーンへ飛び込むソロ弾炸裂。
…てかこの方、油断してると一発打つんですよねぇ。これで瞬間撮り損なったの3度目ですw

そして8回には、
EOS_7017
EOS_7023
陳晨威のランニングHRでもう1点。
EOS_7033EOS_7031
打球を取り損なったセンター・莊駿凱が起き上がれず、一時は担架が出てくる事態となりましたが、
EOS_7035
なんとか自力でダグアウトに戻りました。


完全にLamigoのワンサイドゲームとなり、
EOS_6819EOS_6955
EOS_6881
EOS_6801EOS_6843EOS_7070
EOS_6996EOS_7073
EOS_6943
Uni-Girlsを撮ったりなんやりしていたのですが…観戦するのが段々しんどくなってきてました。

というのも…

統一の応援席なのにLamigoのユニ着てLamigoの応援を始めたかと思ったら、その裏はユニを脱いで統一の応援をする「どっちも応援厨」がいたり、
イニング終了毎に選手にボールをねだり、周囲の状況省みずボールに特攻する「ボール下さ〜い厨」がいたり、
こちらもイニング終了毎にUni-Girlsの前に群がっては、何度も2ショットやスナップショットをおねだりする「粘着チア厨」がいたり…何れも日本だったら間違いなくフルボッコに遭う案件ばかりw

イニング終了の度にボールをねだられる選手だって
EOS_6650
この表情ww(画像はLamigo・陳俊秀)


台湾の他の球場で、ここまで酷い光景は見たことがありません。
(そもそも、これらの行為を咎める立場の警備員がいない、というのが最大の問題なのかもしれませんが。)
如何せん、マエストリとアルバースにチアマスコットしか興味のない相方が辟易するレベルなんですから…。

折からの暑さと体調不良に加え、このカオスな状況が疲労感に拍車を掛け、完全に集中力が切れました。また、相方も同様の理由で限界ということで、翌日の行程も鑑みた結果、8回終了時点で撤収。


IMG_4095
流石にヘロヘロなので、タクでさっさと帰ろうかと思ったものの、こんな時に限ってタクが捕まらないんですよね。
結局1kmくらい歩いてタクが漸く見つかり、ホテルへ戻ったのでした。