第5クール初日の19日。
前々日の喧騒は何処へやら。
IMG_3725
バファローズタウンはゴーストタウンと化しておりました。

それもその筈。
EOS_4308
この日は生憎の雨。ただ、午後から晴れる予報ではあったので、それに期待しながら
室内練習場で始まったアップを眺めます。

EOS_4019EOS_4054
今季からキャプテンに就任した福田周平が、何事にも率先垂範していたのが印象的でした。
キャプテンシーの発揮に、入団年次はあんまり関係しないんでしょうかね?(←元々、球界は年齢基準の縦社会ですが。)

IMG_3730
因みに練習メニューは完全なる雨用で、
EOS_4307
SOKKENスタジアムを始めとした屋外施設は一切使用しない模様です。


多目的運動場の奥にあるドームでは、二軍のアップが行われています。

こちらも撮影環境としてはネットに阻まれるもんで、
EOS_4099EOS_4118
自然とフィルター?が掛かるような感じになってしまうのですが、たまに運よくネットの隙間を通ると
EOS_4095-a
こんなんが撮れたりします。
それでも、室内練習場というのは構造上ネットが幾重にも張られているもんですから、写真派の人間にはなかなか辛い場所ではありますね。一眼でこれですから、コンデジやらスマホでは尚のこと…というところで。

さて、再び一軍の室内練習場(日向夏ドーム)。
EOS_4142EOS_4161
EOS_4291
EOS_4201EOS_4285
数少ない開口部から狙ってみますが…競争倍率もそこそこあるので、なかなか難しいところですね。


気分を変えるべくブルペンに行ってみましたが、観覧席は既に満席。
EOS_4295EOS_4298
EOS_4301EOS_4306
雨宿りできるところは限られてますからねぇ…皆考えることは同じか。

時間を持て余したため、先に飯を食います。
IMG_3728-aIMG_3727
飯を食いながら眺めるは、
IMG_3729
CSで中継されているブルペンの画像。
これ、完全に球場内のコンコース状態ですな。

というレベルで雨脚は強くなる一方。
それでもなお
EOS_4410EOS_4417
室内練習場と
EOS_4314EOS_4315
EOS_4341-a
EOS_4359EOS_4364
山本由伸の“特投げ”が行われていたブルペンを行ったり来たりしていましたが…とうとう相方に限界が。

「私、クルマで寝てるから。独りで観てきて。」
と来てしまいました。

7年前の二の轍を踏むのもどうかと思ったため、この時点で諦めて清武を後にするつもりでしたが、「何かサプライズがあって悔いが残るくらいなら、私に構わず観てきてくれた方がいいから。」という発言があったもんで、言葉に甘えることにして、ひとまずレンタカー返却のリミットまで観ていくことにしました。

EOS_4422EOS_4426
EOS_4431
EOS_4434EOS_4439
若月のブルペン入り、なんて珍しいものが観られたと思ったら、なんか視界が悪くなって来ましてね。
レンズを拭いても曇りが取れず、なんでやねん?と思ってよくよく見てみたら

レンズ内結露発生…

何かサプライズが起こるかな〜と期待して待っていたら、違うサプライズが起きてしまいました(T_T)

このところ、雨に打たれる局面が続いていたのもあったかもしれません。

戻ったらレンズ入院させなあかんか…また出費や〜!

と頭を抱える羽目になり、ここでギブアップ。
EOS_4460
清武を離脱することにしました。

泣く泣く車のエンジンを掛けると
IMG_3734
晴れてきやがったwww

確かに「午後から晴れる」とは言ってたけどさぁ…何もこのタイミングで晴れやんでもええやんかぁ〜。

と、恨み節をつらつら並べてもどうしようもなく。
仕方ないので?
IMG_3736IMG_3737
宮崎空港でこの旅最後の宮崎メシを堪能して、東国に戻ったのでありました。


今季は関東圏でのオープン戦が組まれていませんし、オープン戦で巡礼や遠征をする予定もないので、次にBsナインを生で観るのは公式戦ということになりますね。


次にその姿を見るとき、チームがどう変わっているか非常に楽しみであります。





…と、毎年春先はこう思うのよねぇ。





…ええ加減、秋にええ思いをさせておくれや。