EOS_7772
9月14日 高雄澄清湖棒球場 3,069人
下半季11回戦(GAME216) 統一7勝4敗 (※2018通季14勝18敗)
Lamigo|002 051 120=11
統  一|004 000 002=6
【勝】史博威  5勝 0敗 0S
【敗】安 狄  1勝 1敗 0S
◆本塁打
Lamigo:林立7号2ラン(3回/安狄)、林泓育5号満塁(5回/安狄)、郭嚴文10号2ラン(8回/傅于剛)
統一:郭阜林17号2ラン(3回/史博威)

EOS_7869EOS_7942
統一・安狄(Andy Van Hekken)とLamigo・史博威(Zeke Spruill)の両美國人(※中国語ではアメリカ=美國)の先発で始まります。

EOS_7895-a
なんか聞き覚えのある名前だと思ったら、2016年の前半だけ埼玉西武に在籍していたバンヘッケンですか。改めて調べてみましたが、この方も米韓日台と4ヶ国を渡り歩いてるんですね。
一方の史博威も、昨年のオフに一旦Lamigoを退団してMLBのレンジャーズとマイナー契約を交わしたものの、4月に再度Lamigoに戻ってきたという経緯の持ち主。
中華職棒は外国人の契約枠が3枠しかない故に、中途の入退団は日常茶飯事のようです。

さて。
Uni-Girlsを撮ろうと意気込んで最前近くの席を取ったは良かったものの、
EOS_7922EOS_7977
EOS_8237EOS_8104
…やたらフェンスが被るのですよ。

動画である程度の様子を見ることは出来ても、細かい部分は流石に現地に行かないと判りませんからねぇ。

でも、幸いなことに(?)ここは台湾。
全席指定だろうがなんだろうが、空いてれば座ることが許される環境。

EOS_8327EOS_8363
てな訳で、後列に移動してカメラを構えることに致しました。
…ま、腕がイマイチなんであんまり関係なかったですなw


肝心の試合の方は、3回表に
EOS_8160
EOS_8163EOS_8172
林立の2ランでLamigoが先制したと思ったら、
EOS_8262EOS_8268
EOS_8278EOS_8283
すぐさま統一がタイムリー2本と
EOS_8384
EOS_8391EOS_8403
郭阜林の2ランで逆転に成功。

EOS_8488EOS_8514
EOS_8453
EOS_8508
俄然盛り上がる1塁側の応援席ですが、どうにも居心地が悪いのです。

耳慣れたLamigoの応援が“敵”になるから?

元々、贔屓チーム(…早い話がBsですな)の絡まない試合は基本ホーム側で観るようにしてますし、今回の高雄訪問も純粋に統一のホームゲームの雰囲気を味わいたかった、というのがあるのですが、それにしてもしっくり来ません。



…何故だ?





EOS_8416
だ!


因みに統一獅のチームカラーはオレンジ。
DSC00068
(※画像は2007年アジアシリーズ 統一-SK@東京ドーム…奇跡的に残ってた1枚。)
メインカラーは創立当初から不変なのですが、元々緑だったサブカラーが数年前に黒に変わったのです。

オレンジの組み合わせといえば…

サンフランシスコ・釜山ロッテ・讀賣に共通する、「ジャイアンツカラー」ではないですか!


そら、気分も悪くなるわけだわwww
(※あくまでも、ワタクシ個人の主観の問題です。)


ということで、「空席は勝手に座るもの」という台湾の流儀に則り、3塁側のLamigo応援席に移ることに致しました。