IMG_2481-a
9月9日 Koboパーク宮城 25,123人
21回戦 Bs6勝14敗1分
Bs|400 010 000=5
E|000 002 100=3
【勝】山 岡 8勝 8敗 0S
【S】平 野 2勝 6敗 26S
【敗】辛 島 8勝 8敗 0S
◆本塁打
Bs:杉本 1号ソロ(1回/辛島)
E:藤田 2号ソロ(7回/ヘルメン)


前日に引き続きKoboパークへ。
遠征を決めた1週間前の段階で、この日の内野指定の連席の確保が厳しかったこともあり、実に約6年ぶりとなる外野観戦となりました。
まあ、元々外野民でしたから問題はないのですが、唯一心配だったのが、このブログ用に写真も撮りますので、一眼レフ構えたまま声出しなんていう、端から見たら非常に素っ頓狂な応援スタイルが受け入れてもらえるかどうか、ということでした。

ということで、まずはクラッチーナにご挨拶。
企画チケット(※BsとEの共同企画で、ユニ付きチケットが売られていたのです。)で貰った夏の陣ユニを着ていたら
IMG_2478-a
号泣。


「今年はもう4位で確定だからw」なんて話をしたところ、「諦めちゃダメ!」なんて仕草を見せるチーナさん。
「でも、ウチが上に行くということは、おたくをひっくり返すことになるけど?」と“正論”で切り返したところ、「それはダメ〜!」と哀願するではありませんか。

どこまでも優しいチーナさん。同じ4位という発言をしただけでタコ殴りにする自軍マスコットもいるというのに…w
さて。
IMG_8844
E辛島がマウンドに登り、試合が始まります。
先頭バッターは、この日1軍に昇格したばかりの「ラオウ」杉本裕太郎。
IMG_8851-a
IMG_8853
バックスクリーンに叩き込んで先制!

プロ初安打が先頭打者弾というのは、パ・リーグでも4人しか達成していない記録らしいのですが、まさかそのうちの2本を目の当たりにすることになろうとは…(因みにもう一本はこちら)
ともあれ、これが呼び水となり、
IMG_8929IMG_8931
IMG_8938
IMG_8940IMG_8945
IMG_8992IMG_8993
あれよあれよのうちに3点を追加し、試合を優位に進めます。

IMG_9036IMG_9051
回は進んで5回。
IMG_9213IMG_9215
ロメロの併殺打の間に1点を追加しますが、この辺りから少々雲行きが怪しくなってきます。

IMG_9233IMG_9241
IMG_9249
IMG_9256IMG_9260
IMG_9266IMG_9269IMG_9272
IMG_9278IMG_9289
東北ゴールデンエンジェルスのスタンツを交えたグラウンドパフォーマンスが終わった後の6回。

IMG_9007
ここまで好投を続けてきた山岡が捕まってしまいます。
先頭の島内を四球で出した後、アマダーと銀次にタイムリーを打たれて3点差に。

IMG_9386IMG_9391
7回には山岡の後を受けたヘルメンが藤田にソロ弾を浴び、なおも一死2・3塁というピンチを背負ってしまいます。
が、ここは何とか後続を断ち2点差のまま終盤へ。


IMG_9534IMG_9538
そして9回裏。
IMG_9539
いつものように平野佳寿がマウンドへ登りますが…

一死の後、ヒット2本と死球で満塁に。

IMG_9542
一打出れば同点、長打ならば逆転サヨナラという大ピンチを背負ってしまいます。
で、打順はクリーンナップに回っていくのですから…佳寿さん、どこまでサディストなんだかw

ライトスタンドの一角で胃をキリキリさせながら、戦況を見守るしかないBsファン。

まず茂木をセンターフライに打ち取り、犠牲フライかと思ったら…駿太の強肩が三走のホーム突入を阻みます。
ひとまず二死となりますが、迎える打者はアマダ―。また怖いバッターが…

チャンステーマと「平野」コールが交錯する中、フルカウントからの8球目をレフトへ打ち上げます。
IMG_9543IMG_9544
しかし、レフトに入った小田の足取りが少々怪しいではありませんか!

大丈夫か〜?と思ったら、
IMG_9546
何とかグラブに収まってゲームセット。
IMG_9559
IMG_9567IMG_9569
2点差ではありましたが、何とも危なっかしい勝利でした。
ただ、帰りの新幹線の時間が迫っていたため、「おりほー」呟く余裕はなく、杉本のヒーローインタビューは出口に向かいながら聞き、
カメラを収めたのは新幹線の車内というバタバタぶりでした。

ということで、ゆっくりと勝利の余韻に浸れたのは、
20170909_194303629
#シンカンセンスゴクカタイアイス を食したその瞬間、でございました(笑)

【今季Bs観戦成績】 19戦 8勝11敗 勝率.429