3泊4日の上海旅の最終日。
ちょっとした問題がありました。

それが何かと申しますと…荷物。

実は大陸には、コインロッカーが殆どありません。
んなもんで、ちょっと観光しようにもスーツケースが邪魔でしょうがないのです。
ホテルで預かってもらうか、はたまたスーツケース担いで観光するか…色々策を練りましたが、最終的には空港に放り込むことに。

ということで、帰国便は夕方発なのに、朝も早よから浦東国際機場に向かうこととなりました。

ホテル最寄りから地下鉄を乗り継いで、龍陽路站へ。
IMG_4497
ここから浦東国際機場までは、実用化されている唯一の高速磁気浮上式鉄道…簡単に言えばリニアモーターカーを使います。
ただ、上海では「Linear Motor Car」と言っても通じません。此方では「磁浮」と書いて「Maglev(マグレブ)」と言うのです。

このMaglev、最高速度430Km/hで龍陽路-浦東国際機場間(約30km)を8分で結びます…という触れ込みですが、最高速度430km/hを出すのは一部時間帯のみ。それ以外は300km/hとちょっと遅くなります。


IMG_1489
運賃は片道50元(≒850円)と、日本の感覚だと少々割高なくらいの感覚ですが、同区間を地下鉄2号線で行くと6元(≒102円)ですからねw
ということで、今回は往復券(80元)を購入。接続が良すぎて、肝心の車両の写真を撮る間もなく乗り込みます。

出発してから
IMG_1491IMG_1492
IMG_1493IMG_1494
着々と加速していき、
IMG_1496
3分ちょっとでトップスピードに!
運良く「地上最速」を体感できました。
しかしトップスピードで走るのも1分足らず。徐々に減速を始めていき、時刻通りに8分で空港着。
確かに早いです。

で、流石に帰国便のチェックインはやっていなかったので、出発ロビーの一角にある手荷物預かり所にスーツケースを預け、再びMaglevの世話に。
往路はコンデジでブレまくりだったので、復路は一眼でトライすることに致します。
IMG_4470IMG_4472IMG_4474
往路と同様に着々と加速していき、
IMG_4476IMG_4480
IMG_4481
トップスピードに乗りますが、カメラ替えてもブレるのは変わりませんね(苦笑)
ま、実際300km/hを超えるとそこそこ横揺れもありまして、カメラをホールドするのも結構しんどかったりします(言い訳ですけどw)
IMG_4486IMG_4489
それでもなんとか、減速する末端区間で並走する地下鉄16号線の車両を後追いで収め、龍陽路站に戻ってきました。

上海市街への路線延長も計画されているみたいですが、着工の目処は全く立たず。
市街に出るには、龍陽路で同じ浦東国際機場起点の地下鉄2号線に乗り換えなければならず…ま、完全に用途としては観光向けなんでしょうね。

ということで、我々もその2号線に乗り換えて、再び市街に向かいました。