IMG_2111
11月15日 台北市天母棒球場 2,000人
WBSCプレミア12 グループリーグB GAME27
USA|000 020 000 1=3
KOR|000 002 000 0=2
(※10回よりタイブレーク制)
【勝】Simmons 1勝 1敗 0S
【敗】禹 奎   0勝 1敗 0S

台北駅(台北車站)からMRT2号線で約12分。故宮博物院最寄りの士林駅の隣駅である芝山駅が、天母棒球場の最寄駅。
そこからバスが出てると聞いていましたが、乗り場が判らず右往左往。
こういう時は大概「同族」の後を付いていけば何とかなる!というのが鉄板。
そこで、SKワイバーンズのユニを着たお兄さんたちの後に付いて行くことにしたのですが、なんと彼らはタクシーを拾うではありませんか。

…完全に当てが外れました(^◇^;)

待てど暮らせどそれっぽいバスは来ず。
仕方がないので我々もタクシーを使うことに。
途中、渋滞にはまったものの所要時間は約10分でNTD160(≒600円)。

ということで
IMG_2106
着きました。

IMG_2107
NTD300(≒1,125円)の自由席券を求め、スタンドへ。
IMG_0738-aIMG_0742
全体的にコンパクトな印象ですが、実は(写真撮り忘れましたが)外野席がないのが大きな特徴です。
ただ、冒頭の画像の通り、スコアボードは現地で行った3球場の中で一番観やすいですね。
台湾で初めて、きちんと表示されているスコアボードを見ました(笑) 背番号も表示されているのはなんだか新鮮です。

IMG_2145-a
有志なのか公認なのかどうかは判りませんが、韓国からも応援団がやってきてました。三塁内野席の一角に陣取った彼らの熱狂的な応援は、攻撃中だけでなく守備の時も凄まじいものがありまして。
ストライクを一つ取るだけで、割れんばかりの大歓声。
台湾の応援が「社会人野球風」ならば、こちらは「大学野球風」といったところでしょうか。

最初は三塁側に陣取ったのですが、あまりにも落ち着かないもんで一塁側に移ります。

IMG_0740IMG_0741
コンコースでは、屋台がそのまんまの状態で営業しています。イカ焼きに焼き鳥と、出てるラインナップも縁日の露店そのもの。流石に昼間にあれだけ食い倒したせいで腹がパンパンだったもんで、残念ながら(?)買うことはありませんでしたが(笑)

ということで反対側に着いた頃、丁度打席には、
IMG_2149
この日の出場選手で唯一顔と名前の一致するこちらの方が。
やはり、存在感は群を抜いていますね。(余談ですが、応援歌はHのでもBsのでもなく、釜山ロッテ時代のが使われていました。)

さて、熱狂的な三塁側とは対照的に、非常にまったりとした一塁側。
意外にも、アメリカを応援しているのは地元の台湾の方が多かったですね。1本だけですが、チアホーンも使われてました。

肝心の試合ですが、
IMG_2114IMG_2118
先発・金廣鉉とSPRUILLの投手戦となり4回までは両軍無得点で進みます。
5回表に
IMG_2270IMG_2271
PASTORNICKYが右中間へタイムリーを放ち、アメリカが先制。
IMG_2275IMG_2278
続くROHLFINGもライト線への二塁打を放って1点を追加します。

韓国も7回に
IMG_2464IMG_2467
閔炳憲のセンターオーバーのタイムリーで同点に追いつきます。

以降はまた両軍ともゼロを並べ、9回終了。
延長戦に突入しますが、今大会では10回からタイブレークを採用しており、無死1・2塁で(当初のみ)任意の打者を打席に立たせることができます。
アメリカは2番のFREISERから攻撃をスタートさせますが、
IMG_2638IMG_2639
ここでまさかのバント失敗。
2人のランナーがベンチに下がります。
しかし、1塁に残ったFREISERは盗塁を決め、二死2塁となったところで
IMG_2657
IMG_2662IMG_2671
3番EIBNERがライトへタイムリーを放ち勝ち越しに成功!
その裏、韓国も2死満塁まで攻め立てますが、
IMG_2738IMG_2743
最後は姜鎬がファーストゴロに倒れてゲームセット。

IMG_2755IMG_2760
IMG_2764
終わってみれば4時間越えというゲーム。アメリカの快勝でございました。
前日と同じく、ヒーローインタビューの音声は場内に流れず…というより流れたところで解らんですからw、ちゃっちゃと撤収します。

台湾の球場は皆そうなのか判りませんが、ここでも帰りは大渋滞。
当然バスにも乗れませんもんで(←観衆2,000人のレベルですから増発という発想がなかったようでw)、人の流れに乗っかって芝山駅まで歩くことに。
Google先生の力を借りずして、道なりに歩いて徒歩25分程度で駅に到着。感覚としてはコボスタ宮城から仙台駅まで歩く感じに近いでしょうかね?

IMG_0753-aIMG_0752
駅前にあった団子屋(?)で
IMG_0754
軽い夜食を摂って、ホテルに戻りました。



翌日。
「天母棒球場で火災」という、目を疑うようなニュースが飛び込んできました。

あんだけガンガン直火を使っていたから、てっきりコンコースの屋台の火の不始末か?と思ったら、

どうやら電気火災だった様子。
後で調べたら発生時刻は22時30分とのことらしく、一歩間違えば巻き込まれた可能性がありました。
…その割には、帰途消防車に出くわすことがなかったんですけどねぇ。

まあ、これもまた滅多にない経験ということで…(^^;)