IMG_8416
7月5日QVCマリンフィールド 21,579人
10回戦 M7勝3敗
F|300 101 022=9
M|000 000 021=3
【勝】メンドーサ 4勝 8敗 0S
【敗】藤岡 4勝 5敗 0S
◆本塁打
F:大谷4号2ラン(1回/藤岡)、中田14号ソロ(1回/藤岡)、小谷野1号2ラン(8回/カルロス・ロサ)、大谷5号2ラン(9回/金森)


しかしまあ、世の中には「持ってる」人というのはいるもんですねぇ。

よくよく考えたら、二刀流が世間を騒がせるようになってかれこれ1年半経ちますが、試合に出ている彼を生で観たのは初めてでした。

第一打席。
レフトスタンドから「Happy birthdey to you」が流れてきて初めて、彼の誕生日だったことに気付いたワタクシ。
普通ならレフトスタンドだけが盛り上がって終了となるところが、球場全周から拍手が起こったのにはビックリしましたね。
それから数分も経たないうちに、球場全体がどよめくことになろうとは思いもしませんでしたが。

IMG_8464
M先発・藤岡の3球目を
IMG_8482
IMG_8483IMG_8484
レフトに流してスタンドイン。
IMG_8505
さらに続く中田もレフトスタンドに放り込んで二者連弾!
Fが3点を先制します。

IMG_8527
対してF先発のメンドーサ。
淡々と投げ込み、チャンスらしいチャンスを与えることなく凡打の山を築き、7回まで0点に抑えます。

来日初完封も見えてきた8回。
一死の後、連打と四球で満塁のピンチを迎え、打席にはブラゼル。
IMG_8760
カウント1-2からの4球目をライトへ弾き返し、2者を迎え入れます。
ここでメンドーサはお役御免、A.カーターへスイッチ。

IMG_8764-a
…走ってくるんかいなw
長いことマリンで観てますが、リリーフカーを使わずに登場したPを生で観たのは多分初めてやと思います。

IMG_8771
そのアンドリュー・カーター、メンドーサが残した走者を返すことなく、綺麗に片付けました。

そして9回。
そのまま終わるもんかと思っていたら、この回の先頭・9番杉谷が
IMG_8793IMG_8796
三塁打を放ちます。
全くの余談ですが、一軍に定着して暫く経つにも拘らず、個人的には今だに「鎌ケ谷のヒト」のイメージがありまして。闘将会が拵えた恰好いいヒッティングマーチが流れても、ワタクシの脳内では「すーぎーやけんし!(ドドドン)」という鎌ケ谷の二軍応援団のチャントが再生されてしまうんですよね…w

閑話休題。
無死三塁ということは、余程のことがない限り3番まで打順が回ってきます。

そして後続がパタパタ倒れ、彼の5打席目がやってきました。


M金森の投じた4球目。

IMG_8806
ライト・角中は1歩も動かず。
IMG_8808IMG_8810
白球は白いスタンドと同化しました。
自身初の1試合2発。随分と派手な誕生祝いをしたもんです。

その裏、Mも1点を返しますが、反撃はそこまで。


IMG_8873
ファイターズの快勝でした。

ヒーローインタビューには当然彼が呼ばれたわけですが、ものごっついカメラの数。
IMG_8893
真っ白にならんばかりのフラッシュの雨を浴びていました。
「きょうという日に打ててうれしい」というコメントも、二十歳のそれとは思えないほどの落ち着きぶり。
投げては160km/h、打っては驚弾、そして甘いマスク…天は二物も三物も与えてしまうんですね(^_^;)


今更ですが、改めてその凄さを目の当たりにした試合でありました。


以下、余談ですが…

この2日前に誕生日を迎えたワタクシ。
P1050450
手荒い誕生祝いを頂戴いたしました…ww