IMG_6880
6月28日 QVCマリンフィールド14,410 人
10回戦 Bs7勝3敗
Bs|102 000 010=4
M|100 000 002=3
【勝】松葉 5勝 1敗 0S
【S】平野佳 1勝 1敗 22S
【敗】涌井 3勝 7敗 0S
◆本塁打
Bs:ヘルマン6号2ラン(3回/涌井)


久々のフィールドウイングでの観戦となりまして、
IMG_6866IMG_6870
試合開始前にはズー様にひとしきりおちょくられておったんですが、そんなお戯れもフィールドシートの楽しみの一つでして。ま、ネットがなければもっといいんですけどねぇ…。

それはさておき、この時期にしては珍しく、引退セレモニーが執り行われました。
IMG_6931IMG_6941
マリーンズ→ベイスターズと渡り歩き、最後は無所属の状態で本年3月に引退した清水直行氏。
花束贈呈の場面では、
IMG_6950IMG_6951
Mからは無期限2軍調整を終えたばかりの唐川、
IMG_6956IMG_6959
Bsからは元チームメイトの竹原が登場するというなかなか面白い展開がありました。因みに現在はニュージーランドで代表チームのコーチを務めているという清水氏。今後の活躍を願います。

オープニングダンスでは、ここ数年の鉄板ネタとなっている「角へのポムぶら下げ」も見られましたが、
IMG_7042-a
マー様のポムをそのままベルが持って帰るようです。

ということで、プレイボール。

初回。
IMG_7067
M先発・涌井の立ち上がりを攻め、
IMG_7092IMG_7096
ヘルマンのタイムリーで早々に先制点を奪ったBs。

対するBs先発・松葉も、1死から連打と四球で満塁のピンチを迎えます。サブローに犠牲フライは打たれたものの、その1点のみで切り抜けます。

3回。またの名を「お戯れの時間(笑)」
P1050386-aP1050387-b
いつも通りwの虐待攻撃に遭う中、ヘルマンが2ランを放ち勝ち越しに成功した…ようです。

IMG_7185IMG_7191IMG_7198
3塁側コンコースで行われていたベルの即席撮影会が終わってスタンドに戻ると、試合は序盤の荒れ模様から一転、松葉と涌井の投手戦になっておりました。

試合は進んで8回。
二死1・3塁の場面で、打席にはT。
追加点の期待がかかる場面でしたが…
IMG_7371
あ。
IMG_7373
キャッチャー・金澤のパスボール(※記録上)で1点入っちゃいました。

IMG_7375IMG_7377IMG_7378
生還した安達がボコボコにされる理由がよく解らんのですがww


そして9回。
IMG_7405
満を持して、平野佳寿の登場!だったのですが…

またも…

IMG_7406
「 劇 場 開 演 」

IMG_7404
先頭のサブローを二塁打で簡単に出してしまい、続くハフマンにも二塁打を浴びてまず1失点。
そして1死から岡田に犠飛を浴びて、1点差まで迫られます。
しかし、続く金澤を三振に仕留め、
IMG_7410
無事終了。
IMG_7418
IMG_7438
笑顔とは裏腹に、非常に危なっかしい勝利でありました。

IMG_7457
IMG_7460
ヒーローインタビューを終えた松葉がブルベルと共に内外野へご挨拶。
…実際のところ、松葉が一番ヒヤヒヤしてたんではないでしょうか(笑)

試合後のキャラクターバラエティステージは観客参加型のジェスチャーゲーム。
マスコットの振りを観客が当てるという形でしたが、あまりの展開の早さに文章力がついていきませんので、
IMG_7775
こちらの写真でお許しをw



【今季Bs観戦成績】13戦 5勝7敗1分 勝率.417