IMG_0303
7月24日 西武ドーム 17,591人
12回戦 L7勝5敗
M|030 000 001=4
L|000 001 000=1
【勝】古谷 3勝 1敗 0S
【S】益田 2勝 3敗 24S
【敗】十亀 6勝 7敗 0S


後半戦開幕の日。
流石に京セラまで出掛けるなんていう暴挙には出ることはなく…(苦笑)

当初は神宮球場に行こうかと思ってましたが、天候が不安定でしたんで、天気の心配がないところへ進路変更。
新宿の金券屋でチケット(株主優待券)を買い、
IMG_0298
久し振りに所沢の山奥へ歩を進めたのでした。
家を出たのが遅かったこともあり、到着したのは1回裏終了時。今回はB指定が宛がわれましたが、ベンチサイドシートの上部に位置するなかなかの良席でした。

IMG_0305IMG_0329-a
先発はL十亀とM古谷。
投手戦になるのかな…と思ったら、先制点は直後の2回に入りました。
Mの攻撃。ブラゼル、角中の連続安打と荻野貴司すの犠打で一死2・3塁の場面で
IMG_0314
IMG_0316IMG_0318-a
IMG_0319-a
鈴木大地がライト前に2点タイムリー。
IMG_0324
根元にもタイムリーが飛び出し、3点を奪います。

これで十亀が崩れるかと思ったら、さにあらず。
3回以降は持ち直し、Mに追加点を与えません。
一方の古谷も5回を1安打に抑える好投。

6回裏。
先頭の8番炭谷に二塁打を浴びると、古谷が少しおかしくなりました。
続く金子に死球を与え、なんやかんやで一死満塁のピンチ。そして3番栗山に押し出しの四球を与え、1点を失います。

すると…
ここで古谷を諦め?、スパッと内にスイッチ。
この采配は少々意外でしたが、これが見事にハマりまして…
IMG_0421
次打者の4番浅村を1球で併殺に仕留め、ピンチ脱出。


IMG_0454
9回にも井口が日米通算1,996本目の安打となるタイムリーを放ちMが1点を追加。
IMG_0466IMG_0476
最後は益田が綺麗に締めてゲームセット。

IMG_0485
ビジターでもファンに挨拶するのは素晴らしいですね。

ボックスシート以外は出入口は両翼に1ヶ所しかない 所沢の山奥球場の構造上、外野席の横を通らないと帰れないので、暫くマリーンズ応援団の二次会を傍らで観ていたんですが、間近で観ることは殆どないのでなかなか面白かったですわ。



【余談】
現存する最古のマスコット・レオとライナを擁するにも拘わらず、グラウンドに殆ど出さない総合演出は相変わらずだったのですが、ひとつ変化がありました。

7回裏の攻撃前。レオがバック転をするのはよく知られた話ですが…
IMG_0409-a
なんと、ツインバック転!!
4月の大宮では見なかった光景だけに、少々驚きました。
(意表を突かれた状態でシャッターを切ったもんで、写真がボケボケ過ぎて判りにくいと思いますが、何卒ご容赦を。)

ホンマ、素材は揃ってるのになぁ…

あー、勿体ない勿体ない勿体ない!

…大事なことなので、3度言いましたよ!(苦笑)