機内へ入りました。

IMG_9327
使用機材は、ジェットスターやピーチと同じくLCCの標準機材であるエアバスA320なのですが、
P1040469
パーテーションがあるだけで大分雰囲気が変わります。
IMG_1512
※因みにこちらがジェットスター。ほぼ同アングルなので違いが解りやすいかと。


定刻の7時5分、飛行機は福岡に向けて飛び立ちました。
ベルト着用サインが消えて、水平飛行に移った直後、フライトアテンダントに声を掛けられます。
「お食事の準備を致しますので、テーブルを用意してお待ちください。」

JALの国内線ファーストクラスは乗ったことがないので知りませんが、それを除くと国内線で「温かい機内食」を用意している会社はLCCキャリアのみで、エアアジアもその一つ。
エアアジアのホットミールは事前予約限定メニューなので、予約時に「アジアンミール・ビビンパ(¥680)」を併せて注文しておりました。
…「事前予約限定」と謳ってはいたものの、キャンペーンで機内手配可能だったというオチがついていたんですが(苦笑)

待つこと暫し。
P1040467
出てきましたよ。アルミ箔の器に蓋というのが、いかにもLCCらしい。コチュジャンは別添であります。

蓋を開けると
P1040468
あら美味しそう。
機内のオーブンで加熱した(と思われる)だけあって、アツアツでございました。味もこの値段の機内食にしては美味。その場で追加オーダーしたドリンクも機内販売開始前に持ってきてくれるなど、それなりに予約客は優先してくれるみたいです。

ほぼ満席(定員180名)の状況で、機内食を事前予約していたのはどうやらワタクシのみだったようなんですが(苦笑)、実際のところ「機内食」のニーズってのは殆どないんでしょうかね?
個人的には、乗り物における「食」というのは特別なもの(所謂「ハレ」の食べ物)という意識を持っているんですが…まあ、これは鉄道における食堂車の衰退の歴史を考えると、ワタクシの考え方が特殊な部類なんでしょうね、きっと。

それはさておき、食後は暫しの眠りにおち、「予定より10分早着」との機長アナウンスで目が覚めました。

そして、午前9時前に福岡空港着。
ちょろっと福岡市内観光でも…と思ったのですが、観光するには非常に中途半端な時間。地下鉄で天神に向かい繁華街探索でも…と思ったら大半の店は10時営業開始ということで、完全に時間を持て余す格好に。

そしたら、幸か不幸か、ヤフオクドーム行きのバスがやって来たもんで、ふらふらふらっと吸い寄せられるようにバスに乗り込んだのでありました。