野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

2019年04月

森と泉に封じられ(4/22 H-B)

IMG_0051
4月22日 東京ドーム 43,063人
4回戦 B3敗1分
B|000 001 000=1
H|000 001 11X=3
【勝】 泉  1勝 0敗 0S
【S】 森  0勝 0敗 7S
【敗】吉田一 0勝 1敗 0S
◆本塁打
H:内川 2号ソロ(7回/吉田一)
久々のマンデー パ・リーグ。
この時期に東京ドームのホークス戦?という意外感の正体は、福岡以外で初開催となる「タカガールデー」でした。

EOS_7954
ハリーさん以下、行方不明?のホンキーさんとヘレンさんを除くホークファミリー全員に、ハニーズ全員をわざわざ東国へ連れてくるという力の入れよう。

昨年の鷹の祭典の時みたいに、FAN!FUN!STAGEの開始までじっと待ち続けたわけではなく、開始間際にひょこっとやってきたもんですから、最上段で気楽に立ち見をすることにしました。


ステージの内容は、どちらかというとハニーズよりもホークファミリーを前面に押し出していく格好。

EOS_8448EOS_8670
EOS_8871
EOS_8795EOS_9027
ハリーさん筆頭に、ホークファミリーも皆それぞれダンススキルが高いです。

EOS_9059
最後は記念撮影。

EOS_9174
締めを見届けて、場内に入ります。
…しっかし、いつ見ても絵になりますな、この二人。

続きを読む

駆けつけ一勝(4/11 M-B)

20190411_180913031
4月11日 ZOZOマリンスタジアム 15,388人
2回戦 1勝1敗
B|000 001 001=2
M|010 000 000=1
【勝】山 本 1勝 0敗 0S
【S】増 井 0勝 0敗 3S
【敗】益 田 2勝 1敗 1S
◆本塁打
B:吉田正 1号ソロ(6回/岩下)
元々観に行くつもりはなかったのですが、出張業務が殊の他早く終わってしまったもんで、そのまま真っ直ぐ帰るのもアレかと思って、急遽進路変更をした次第でした。

ですから、カメラもなければユニもなく、完全に丸腰の状態。
だったら普段とは違うことをやったろかと思い、
20190411_181131867
数年ぶりにレフトスタンドに陣取ることにしたのです。
(※とりあえず、ブログを書くための必要最低限の画像はスマホのカメラで賄いました。)

20190411_183706
久々に、バックスクリーン裏の「サンマリン」のもつ煮(正確にはもつ煮ライス)を喰らいますが、個人的には数あるマリンのもつ煮の中で一番旨いと思います。
外野でしか食べられないのが本当に残念なんですがね。

続きを読む

勝てない時は試合に触れず(4/9 M-B)

IMG_0037
4月9日 ZOZOマリンスタジアム 12,714人
1回戦 B1敗
B|000 310 000 0 =4
M|010 010 002 1X=5
【勝】益 田  2勝 0敗 1S
【敗】近 藤  0勝 1敗 0S
◆本塁打
B:若月 1号ソロ(5回/涌井)
M:レアード 7号ソロ(5回/アルバース)、角中 3号2ラン(9回/澤田)
FullSizeRenderIMG_0039
IMG_0041
IMG_0042
それにしても、酷い負け方ですよ。

IMG_0045
8回1/3を2失点で切り抜けたアルバース先生の勝ち星をあっさり消してしまうんですから。


2試合連続の抑え炎上もさることながら、それ以上にダメ押し点を入れられない打線が大問題。
チャンスであと一本が出ない、そんな局面が多すぎます。
素人目でも判る「雑なプレイ」もありましたしねぇ。


…ま、グチグチ言い出したらキリがないので、今回は試合内容に触れずに?話を進めていきますかね。


続きを読む

本拠地巡礼2019・春〔6〕〜港町から空港へ〜

翌朝。
IMG_3854IMG_3855
台北車站近くの露店で朝飯。
IMG_3856
メニュー指差しで蛋餅買ってみましたが、やっぱりまだまだ中国語で買うなんて真似は出来ないですね。

…そら、真っ先に覚えた中国語が「強攻」とか「轟吧」とか「桃猿大勝」とか…棒球場以外で使うことがない単語ばっかりですからw  

20年以上中国語の世界にいる相方をして「『強攻』なんて言葉、初めて聞いたわ!」というレベル。(※最も、台湾独特の言い回し、というのも理由にあるようですが)
日本語で例えれば、野球好きのノンジャパが「かっ飛ばせ」とか「燃えろ」とか「気合いを入れろバファローズ!」というコールは流暢に言えるのに日常会話が出来ない、ってなレベルの話です。


話戻して。
IMG_3860
歩道に椅子とテーブルが置いてあるタイプの露店では、最初に「內用(nei yong…イートインの意)」か「外帶(wai dai…テイクアウトの意)」を伝えなければならなかったらしく、座って食べていこうと思ったら、
IMG_3862IMG_3858
テイクアウト仕様で用意されておりました。日本では特に指定のない場合はイートイン仕様で用意されることが多い故に、ちょっと面食らってしまいました。

IMG_3863
食後はそのまま東方向へ歩を進め、捷運の駅が出てきたところで地下に潜り、そのまま当て所のない鉄旅へ。


…ま、朧げに当てはあったんですけどね。


続きを読む

本拠地巡礼2019・春〔5〕(4/4 Lamigo-富邦悍將)〜終わってみればいつも通りの…〜

IMG_0030
4月4日 桃園國際棒球場 8,689人
2回戦(GAME15) 1勝1敗
富邦悍將|000 010 100=2
Lamigo|100 030 32X=9
【勝】王溢正 1勝 0敗 0S
【敗】陳仕朋 0勝 2敗 0S
◆本塁打
富邦悍將:王正棠1号ソロ(5回/王溢正)
Lamigo:林泓育2号2ラン(7回/張竣龍)
8,689人という観客数。NPB基準では「閑古鳥が鳴くレベル」の入りかもしれませんが、CPBL基準では比較的入っている方ではないでしょうか。
IMG_3849
試合前のコンコースは身動きが取りにくいくらいの人だかり。
事前にネットで買っていた「Lamigirls観覧席(※)」もほぼぎっちり埋まっており、恐らく試合中は身動きが取れんやろなぁと思って、事前に食料調達をすることに。ここ暫く、桃園の球場飯も食うことがありませんでしたので、ホンマに久々です。

カウンターに指差しできるメニューがあるのを確認した上で、
IMG_3842
IMG_3844
こちらの店で「大聖牛腩飯」をドリンクセットで頼むことにしたのですが、悲しいかな、やっぱり発音がままなりません。
話せないのを察したカウンターの兄さんが即座に英語に切り替えてくれて、なんとか事なきを得たレベル。

てっきり「大聖牛腩飯」は日本で言うところの「ぼっかけ丼」やら「どて丼」に近い商品なのかなと思っていましたが、
IMG_3846
出てきたのは牛スネ肉とモツのカレーでした。(…単純にオーダー間違えただけ?)

でも、台湾の牛肉料理故に八角が効いているのがポイント。
最初はおやっ?と思いますが、次第にカレーの風味が勝ってくるので、普通に日本のカレーの感覚で食えます。(因みに日本統治時代の名残か、日式カレーを出す店はそこそこあるようです)
かといって、日本の球場メシのカレーを想像すると、良い意味で裏切られます。(これに近いクオリティーを持っているのは、神戸サブ球場で出張販売していた「おかもとのカレー」くらいでしょうね。あくまでもワタクシが実食した範囲での話ですが。)

続きを読む

本拠地巡礼2019・春〔4〕〜寄り道の果て(後編)〜

桃園の試合開始は17時05分。
時間としては非常に中途半端になってしまったので、取り急ぎ相方から頼まれていた「お礼参り」をしに龍山寺へ向かうことと致しました。

まず桃園捷運で台北車站へ向かい、徒歩連絡で台北捷運の北門站から西門乗り換えで龍山寺へ。
そしたらこの時点で時刻は15時。
結構タイトになってしまったので、急ぎお参りを済ませて龍山寺を後にします。

IMG_3831
実に滞在時間5分足らずwww
お参りの意味あるんかいな?

続きを読む

本拠地巡礼2019・春〔3〕〜寄り道の果て(前編)〜

確かに、京セラの去り際に花木さんには「このまま戻ります」と伝えました。
でも、寄り道するとは一言も言っておりませんでしたので…ということで迎えた翌日。

関空へ向かい、
IMG_3814
こちらで
IMG_3815
無料朝ごはん♪

…ANAラウンジでカレー?
関空にはSUITE Loungeはありませんから…


ということで、

EOS_1868
行ってきます!(笑)
続きを読む

本拠地巡礼2019・春〔2〕(4/3 B-H)〜打てん・勝てん・無念〜

IMG_0018
4月3日 京セラドーム大阪 23,582人
2回戦 B1敗1分
H|000 000 000 000=0
B|000 000 000 000=0
◆バッテリー
H:大竹、嘉弥真、甲斐野、奥村、モイネロ、森=甲斐、高谷
B:山本、増井、澤田、吉田一=若月
12球団で唯一、今季の勝ち星がないBs。
初っ端から「気合いを入れろ バファローズ」の3コールが飛ぶ中、迎えた今季5戦目。

EOS_0624EOS_0641
Bs期待の次世代エース候補・山本由伸と、育成上がりの左腕・ホークス大竹耕太郎の先発で始まります。

EOS_0637
山本は初回を三者凡退で片付ける綺麗な立ち上がり。
対して大竹も、福田にヒットは許すも後続を断ち、点を与えることなく回は進みます。

今季から5回裏終了後は、
EOS_0961EOS_0940
EOS_0945
BsGの「CLAP & CLAP」に乗せてハリセンを叩き倒す「ハリセンタイム」。
キャンプの時にハリセン推しだった理由が明らかになりました。(なお、ハリセン使用は選手からの要望だったとか。)

そして後半に突入しますが、19時30分で6回終了というハイペースで進行。
EOS_0645EOS_1066
それもそのはず。6回までの両チームの安打は僅かに3。
しかも、打ったのは全部福田周平なんですが…w


続きを読む

本拠地巡礼2019・春〔1〕〜東海道昼特急〜

阿呆の朝は早い。


久々にどケチ旅を敢行することとなり、マリーンズ県のセカンドハウスから
IMG_0007
海を渡って向かうはバスタ新宿。

IMG_0008
片道6,000円。
同じバスで行くにしても、もっと安い手段はあったのですが、電源が確保出来る3列シートが決め手となり、7時間半のバス旅を選択。

時期的に青春18きっぷという手も考えましたが、シミュレートしてみたところ接続が良すぎて昼飯を食う時間が捻出できないのですよ。
流石にロングシートで飯食う訳にもいきませんし。


ということで、
IMG_0009
バスタ新宿を後にして、西へ向かいます。
…ダブルデッカーだから、こんな写真しか撮られへんwww

続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド