野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

2017年04月

かもめに勝てた日(4/22 M-Bs)

IMG_3626
4月22日 ZOZOマリンスタジアム 16,930人
4回戦 2勝2敗
Bs|000 201 100=4
M|020 100 000=3
【勝】 西  2勝 0敗 0S
【S】平 野 0勝 1敗 5S
【敗】涌 井 1勝 3敗 0S
◆本塁打
Bs:T-岡田 6号ソロ(6回/涌井)


IMG_3648IMG_3629
西と涌井の先発で始まったこの日試合。

2回に無死満塁の大チャンスを迎えるも、後続が悉く凡退する「信頼のオリックスクオリティ」で無得点に終わります。
するとその裏。「チャンスの後にはピンチあり(?)」ということで、無死1・3塁からダフィーのタイムリーと田村の犠牲フライであっさり先制を許してしまいます。

徐々にピッチを上げてきた涌井の前になす術なく終わるのかな?と思った4回。
二死1・2塁の場面で
IMG_3692
IMG_3694IMG_3698
若月がタイムリースリーベースを放ち同点に追いつきます!

が、その直後。
先頭ダフィーがスリーベースで出塁し、田村の2本目の犠牲フライで突き放すマリーンズ。
チーム打率が1割台とは思えない攻撃で、効率よく加点していきます。



6回表。
IMG_3767
マリンに珍しくT-岡田の個人大旗と横断幕が掲出されているのを収めていたら、
IMG_3775
「浪速の轟砲」がライトスタンドに放たれておりました。
これで再び同点に追いついたBs。

西もランナーは出せど併殺で切り抜けるなど、尻上がりにピッチを上げてきておりまして、そんな中で迎えたラッキーセブンの攻撃。
続きを読む

勝利の女神に殴られた(3/31 Bs-E)〔前編〕

IMG_1315
3月31日 京セラドーム大阪 36,154人
1回戦 Bs1敗
E|012 010 000 02=6
Bs|000 030 100 00=4
【勝】松井裕 1勝0敗0S
【S】ハーマン 0勝0敗1S
【敗】澤 田 0勝1敗0S
◆本塁打
E:銀次1号ソロ(5回/金子千尋)、ペゲーロ1号2ラン(11回/澤田)
Bs:T-岡田1号ソロ(7回/濱矢)


7年ぶりの本拠地開幕。流石に力の入りようが違います。
IMG_1193
IMG_1203IMG_1209
IMG_1272IMG_1302
IMG_1311
暗転から立ち上げる演出に少々身震いしつつ、その時を迎えたのでした。
続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド