野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

2015年03月

「代理」開幕投手戦(3/27 L-Bs)

IMG_0875
3月27日 西武プリンスドーム 28,210人
1回戦 Bs1敗
Bs|000 000 000=0
L|000 001 00X=1
【勝】牧田 1勝 0敗 0S
【S】高橋朋 0勝 0敗 1S
【敗】ディクソン 0勝 1敗 0S




金子千尋と岸孝之が共に故障で開幕1軍登録されず、
IMG_1040IMG_0992
ディクソンに牧田と、双方共に「代役」が開幕投手を務めることになった開幕戦。

IMG_0928
あ、そういえば両軍の監督も共に「代行」「代理」上がりでしたね。

で、肝心の試合結果ですが…
一言で纏めれば、大事な場面で打てたメヒアと
IMG_1257IMG_1272
打てなかったブランコとTの差、ということですかね。

それくらい、両投手の投げ合いで淡々と進んだ試合でありました。

如何せん、試合時間は2時間35分。
これといった見せ場も殆どありませんでしたからねぇ…ネタにできるようなモノがないのです(泣)





続きを読む

PLAY BALL〜輝こう、一緒に〜

オリックス・バファローズの2015年シーズンは、10年前と同じく所沢で幕を開けます。

image
10年前…

レフトスタンドには、「オリックス・バファローズ」のユニフォームを着ていたファンは殆どおらず、大阪近鉄とブルーウェーブのユニフォームが入り混じった状態で、正に「呉越同舟」という言葉がぴったり当てはまる状況。

応援スタイルも、「スリーコールの後、コール2回からー」始まる近鉄式の応援歌導入部に、曲後のコールは「○○(選手名) ○○ かっ飛ばせー ○○ 」というBW式。

ファンも応援団も、そして選手たちも複雑な思いを抱いたまま、合併球団「オリックス・バファローズ」の歴史は始まりました。


そして、合併初年度を率いた仰木彬監督の「最期の姿」を見たのも、ここでした。
当時、癌に侵されていたという話は一切報道されていませんでしたが、シーズン終盤には所沢名物の急階段を登ることができず、バックスクリーン前にタクシーを横付けしなければならないほど、病状は深刻だったようです。
なのに、「わざわざ外野まで挨拶に来た!」と呑気に思っていたワタクシがおりましてねぇ…まさか、この2ヶ月後にこの世を去るとは思いもしませんでした。

文字通り、命懸けで「真紅と蒼の魂」を一つにしようとした名将。
…初代監督は、合併前の両球団で覇権を獲った仰木さんにしか出来ない役回りでしたね。


続きを読む

2015キャンプ巡り総括〜戦利品のご紹介〜

この数年、キャンプネタをブログに書いても尻切れで終わっていましたが…何とか今年は書き上げることができました。

Bsのキャンプ地移転に伴って、今回初めてキャンプ期間の宮崎に足を踏み入れることになりましたが、沖縄と比べると「行き易さ」というのはやっぱりありますね。

本編でも触れましたが、動員数が時に沖縄とは桁違いになるというのも、決してオーバーな話ではないというのも解りました。(その一方で、クルマ1台で4人換算とかいう、読売のキャンプ動員数水増し疑惑があったようですが…)

ワタクシも今回やってますが、手軽にキャンプ地のはしごが出来るというのもやはり大きいですね。
その一方で、ホークスやGのグッズを身に纏ってBsのキャンプ地を訪れる人間も少なからずおり、正直気分を害したというのもあります。
せめて、他球団のキャンプ地を訪れる際には、贔屓球団のグッズは身に付けないなどの配慮は必要だと思いますよ。(余談ですが、ワタクシの場合は上着を2着持って行き、清武ではBsのグラウンドコート、他では平服の上着というように使い分けました。同日に行き来した清武⇔生目の杜でも同様です。)

でもまあ、他球団のファンはおろか自球団のファンも少なかった宮古のことを思えば、清武にキャンプ地を移したのは正解だったと思います。実際、今回の滞在でBsファンの方と話す機会がありましたが、「高知は(行ったことが)あるけど宮古島はねぇ…」という方が多かったですから。
公式戦と同じで、選手も賑わっている方が気分はいいでしょうしね。

あまりの人のいなさにサインを貰いに行くのも憚られた宮古と違い、鈴なりの人で逆に貰うのが難しくなりましたが、
IMG_0416
それでも一応これだけ頂きました。
続きを読む

バレンタインの御前キャンプ〔5〕〜守備とサインとチョコレート〜

サイン会が終わり、再びサブグラウンドへ。
IMG_6130IMG_6137IMG_6118
守備練習をするルーキー2人と、
IMG_6120
横で見守る?西勇輝。
IMG_6168IMG_6163IMG_6156
同級生のルーキー(高木)を横目にキャッチボールをするその姿には、プロ7年目の貫録が漂います。

そして、メイングラウンド方面に戻りかけたその時。
IMG_6184-a
こう言っちゃ大変失礼なのですが…まだいてはったんですか!
お偉いさんの視察なんて、1〜2時間くらいで簡単に終わるもんだと思ってたもんで…(因みに、画像のタイムスタンプは14:55でした)
オーナー、本当に野球が好きなんですね。続きを読む

バレンタインの御前キャンプ〔4〕〜グリーティングタイム〜

2回目のショーステージが終わった後。
グッズ購入で貰っていたBs Girlsサイン会参加券を手に、列に並びます。
日頃BsGをdisりまくってるワタクシではありますが、何でまたこのタイミングでサイン会の列に並んだかといいますと…
IMG_3585-a
サイン会に出てくるのがBs Dreamsの数少ない生き残りであるKYOKOさんだったから。

そのKYOKOさんも、2014年度でのBs Girls脱退が既に発表されておりまして、このキャンプの出番が最後らしいのですが、それにしてもちょくちょく来ているような…?

サインを貰うついでに話す機会があったので、「今季で辞められるんですよねぇ?」なんて話を振ってみました。



続きを読む

バレンタインの御前キャンプ〔3〕〜Bs Stage出張版〜

IMG_5892IMG_5895
Bs Girlsのステージはスタンド上段から眺め、ブルベルが登場する頃合いでステージ前へ。
IMG_5544
クイズ大会にジャンケン大会と、縮小版のBs Stageを実施しているような印象でした。

IMG_6071
ジャンケン大会に挑むベル。球界屈指の萌えキャラと言われて久しいですが、何気に所々で見せる仕草が、なんかオッさんぽいんですよね。
…ま、腹黒なのは有名になりつつありますけどね。

一般参加型のブルベル撮影会には、宮崎市の観光キャラクター・ミッシちゃんも参加。
IMG_5781
そのミッシちゃんをブルがエスコートします。
ステージの階段を降りる際にもブルはミッシちゃんの手を離さなかったのですが、それを見たベル、「ねー、お兄ちゃーん! 手伝って〜!」と訴えます。
渋々手を貸すブルですが、階段を下りきったその瞬間。
IMG_5853IMG_5854
IMG_5855IMG_5856
IMG_5862
ベルを振り払い、再びミッシちゃんの下へ。

IMG_5870
「ひっ…ひどい…ヽ(´o`;」


完全に放ったらかしにされたベル。
そんなベルに、追い打ちをかけてみることに致しました。
続きを読む

バレンタインの御前キャンプ〔2〕〜オーナー登場〜

IMG_4663
全体歩調からの
IMG_4687IMG_4695
IMG_4696IMG_4708IMG_4740
IMG_4745IMG_4749
ストレッチ、
IMG_4797IMG_4800
IMG_4831IMG_4839
IMG_4849IMG_4864
そしてランニングメニューとひと通りのウォーミングアップの流れは変わっていませんが、宮古島ではサブグラウンドでやっていたメニューがメイングラウンドで実施されていることに少々違和感を覚えます。
でも、ここのサブとメインの移動距離を考えると、この方が効率はいいんでしょうね。(お世辞にも、宮古島市民球場の芝の状態は良いとは言えませんから。)

そして、キャッチボールに移るまでの間に少々インターバルがありまして。
IMG_4884IMG_4885
談笑する者あり、
合間を見計らってこっそり一本入れに行った喫煙者もあり(※流石に画像は撮ってませんが、他方でこれも現実です)
IMG_4903-a
そしてある者はテレビ収録に臨むという、まったりとした?時間。

ただ、そのユル〜い空気も、一人の男の登場によって一変します。

続きを読む

バレンタインの御前キャンプ〔1〕

現地にいても情報というのはなかなか入ってくるもんではありません。
Twitterのタイムラインから流れてきた「宮内オーナー・宮崎入り」という情報。
そして千葉にいる相方からの一報で知った「バレンタインイベント開催」。

まー、なんだか凄いことになりそうです。(←そう思ってるのは多分ワタクシだけでしょうがw)


続きを読む

日南市に行ってみた。〔後編〕〜獅子のお里は山の中〜

ライオンズがキャンプを張る日南市南郷中央運動公園。
2012年秋のフェニックスリーグ以来、約2年半ぶり2度目の訪問となりますが、キャンプはもちろん初。

若手主体の不死鳥リーグとは雰囲気も違うんやろなぁ…なんて思いつつ、サブグラウンドを横に見る一本道の、その突き当たりにある駐車場にクルマを停めました。

続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド