野球、時々マスコット。

オリックス・バファローズを中心としたプロ野球観戦日記ですが、基本は球場に転がる小ネタと雑感を書きますので、試合の速報性とニュース性は殆どありません。居住地域の関係上、千葉ロッテマリーンズのネタも多く含まれます。 また、タイトルに関連しない雑記もたまに入りますのでご容赦を。

2013年11月

いと悩ましき感謝祭〜The another side of Bs FAN FESTA 2013〜(2)

「まさかの事態」

それは、


Bsのファン、こんなにおったんか!?!?!?

続きを読む

いと悩ましき感謝祭〜The another side of Bs FAN FESTA 2013〜(1)

成田に着いた33時間後.
IMG_5830
再び成田から飛んだ阿呆がおりました。

行き先はこちら。
IMG_5851
スケジュールの都合でここしか空きがなかったところに放り込まれたファンフェスタ。
当初、12:00開場・12:30開演というアナウンスが流れたため、11時前に着けば余裕かな、なんて思っていつもの格安航空のチケットを確保していたのですが…甘かった。

開場前に、サイン会の抽選会や豚汁炊き出しの整理券配布やらBs stageやら、なんか色々メニューが追加になったもんで、11時前着だと諸々の整理券関連は諦めざるを得ない状況でした。

ということで、11時開始のBs stageに照準を合わせることにしたのです。

続きを読む

香港食糧事情(下)〜「世界で一番安いミシュラン」は駅ビルの中〜

何を食っても外れのない香港の飯。
当然、世界的に評価されている店もあるわけでして。

P1040885
意外なことに、香港駅の駅ビルの中にその店舗はありました。


続きを読む

香港食糧事情(中)〜電車に乗って朝食を〜

国内でもそうですが、旅先の朝食は大概ホテルで、という方が多いのではないでしょうか?

ワタクシもそう考えておりました。
しかし、相方はそれを許してくれません。

曰く、「勿体ない」んだとか。
かつて、相方とその親友が香港に出掛けた際、ランタオ島にある迪土尼酒店から地下鉄で30分掛けて尖沙咀の「糖朝」本店まで朝飯を食いに行ったぐらい、香港朝食事情にはうるさいのです。
まあ、日本で考えたら舞浜から新宿まで飯食いに行くようなもんですからねぇ。どんだけ飯に執念深いんだか…(笑)

ということで、今回の朝飯も電車に乗っていくことになりました。

続きを読む

香港食糧事情(上)〜上方の仇を香港で〜

唐突ですが、少々昔話を。

数年前、相方と本拠地巡礼をした際のこと。
梅田の街を歩いてまして、ちょっと茶でもシバこうかという話になり、モノは試しと西梅田の某外資系高級ホテルに寄ったんですね。

そしたら、ケーキセットで2,500円、サービス料が別途10%、それにミュージックチャージが1,500円…これ、昼の話ですからね。(現在は知りませんが)

「茶に4,000円は、流石に出せん!!」
あまりの金額にひっくり返り、泣く泣く(?)断念したのでありました。



時は過ぎ、出発1週間前の晩。
「ご飯、一日ぐらい奮発していい所で食べない?」と相方が訊いてきます。
「うん、別にええよ。」とワタクシ。

今回のプランニング、宿と飛行機を手配した以外は、全てを相方に任せていたのです。
…またの名を「丸投げ」とも言いますが(笑)

そしたら、突然英語が聞こえて参りまして、見ると相方、電話しているではありませんか。
電話の相手は誰なのか判らず数分経過。

「~Thank you,Bye.」で電話は終わったのですが…。

「え!? 今何処に掛けてたん??」
「レストラン。予約取っちゃった♪」


…沖縄感覚で香港に行ける人間は、やることが違います(・_・;)

続きを読む

緩いゆる〜い夢の国(5)〜大団円?〜

そんなわけで、3時間ほど夢の国を離れ、帰ってきたのは18時過ぎ。
IMG_5586
IMG_5587IMG_5593
辺りはすっかり日も落ちて、ライトアップされておりました。

しかし、我々にはちょっとした“異変”が。

アウトレットモールの買物袋を手にしていたのです(^^;)

入場前にセキュリティチェックがあるのは何処の迪士尼楽園でも共通しているのですが、一昔前ならペットボトルの持ち込みすら許されないほど手荷物検査が厳しかった…筈です。

ところが、ショップの名前がデカデカと入った買物袋については、何とびっくりノーチェック!

もう、ここまで来ると、

「夢と魔法の王国」もへったくれも

あったもんじゃありません(笑)


続きを読む

緩いゆる〜い夢の国(4)〜価値観の相違〜

「迷離大宅」以外にも、香港限定のアトラクションはいくつかありまして、そのうちのひとつが「灰熊山極速礦車」。
コンセプトとしては「大雷山」に近いのかな?なんて思いつつ、ろくに下調べもしないまま乗ったところ…

見事にしてやられました。

逆走あり〜の、ポイントあり〜の、ロケットスタートあり〜ので、ワタクシがこれまでに抱いていたジェットコースターに対する固定観念が打ち破られました。
正直、めっちゃ面白い!

そんなアトラクションですから、嫌いな行列にどれだけ耐えたか?と言いますと…


続きを読む

緩いゆる〜い夢の国(3)~“紙”が壊れた日~

今回の迪士尼楽園訪問の最大の目的は、香港にしかないアトラクションを体験することなのですが、
IMG_5392IMG_5394
その一つである「迷離大宅(Mystic Manor)」を訪れた時、「事件」は起きました。


続きを読む

緩いゆる〜い夢の国(2)~緩いゆる〜い「お・も・て・な・し」~

午前10時、開園。
IMG_5363-a
舞浜だったらば目的のアトラクションへ一目散というところなのですが、そのアテンダンスの低さに拍子抜けしたワタクシ。
丁度目の前に幹鼠と小鼠(※広東語表記だと「米奇」と「米妮」になるんですが、敢えて従来の珍表記を踏襲します)のクリスマスコスチュームでのオープニンググリーティングが行われていたもんで、「旅の恥はかき捨て」というわけではございませんが、折角なんで普段は大嫌いな行列並びをすることに。

ところが、この列がなかなか進まないんですよね。
なんでかなぁ〜?と思ってたら、広東語でアテンドが喚き散らしています。
モノリンガルなワタクシはもとより、トライリンガル(英語・北京語・日本語)な相方も流石に広東語は解りません。

すると、そうこうしているうちに、行列そのまま放置プレイで、幹鼠と小鼠が退場するではありませんか!!

舞浜ならば確実に暴動が起きそうなこの事態。
どーすんだよ、この行列!?




続きを読む

緩いゆる〜い夢の国(1)~入国前から…~

今回の旅のメインイベントである「夢の国」訪問。
宿を構えた九龍・尖沙咀(チムサーチョイ)から地下鉄で乗換2回。
IMG_5579-a
2回目の乗換駅となる欣澳(Sunny Bay)駅(※尖沙咀から約31分)からは、その名もズバリ・迪土尼線の専用電車に乗り換えます。
P1040861P1040857P1040858
車内は舞浜のモノレールとよく似ておりますが、実は、日本国内はおろか世界的にも珍しい軌条式鉄路の完全無人運転(…これ、気付いた時には正直ビビりました)だったりします。

その「無人電車」に揺られて約6分。日本では数々の「大人の事情」でその名称が実現できなかった「迪士尼駅」に到着。

IMG_5347
階段を上がり、改札を抜けると
IMG_5350
ゲートがお出迎え。

そして、ゲートの先には…





続きを読む
Twitter プロフィール
幕張在住の鴎さんたちによく殴られていますが、基本的には勇者青波Bsひと筋40年ちょっとの人。ひょんなことから台湾野球のエンタメ性にハマり、この数年は京セラ&神戸巡礼・国内遠征より台湾遠征の頻度が増えたような気がします。でもモノリンガルリーベンレン(※日本語しか話せない日本人)です。
Archives
記事検索
Recent Comments
タグクラウド